mailchimpの使い方-メール購読(登録)フォームの作成

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

This post is also available in: 英語

別記事にて、mailchimpの使い方説明の記事をまとめています。
[mailchimpの使い方の記事まとめ]を参考にしてみてください。

mailchimpのメール購読(登録)フォームの作成

[MailChimp Dashboad > Lists]と移動する。
次に、下記の画像のように登録フォームを作成したいリストの右側のメニューにて、[Signup forms]をクリックする。

web_mailchimp_登録フォーム

web_mailchimp_signupform

[General forms][Embedded forms][Subscriber popup][Form integrations]の4つのメール購読(登録)フォームを作成する方法があります。

[General forms]

[General forms]では、メール購読(登録)フォームや購読確認メールなどのデザインと翻訳を行うことができます。

基本的に日本語への翻訳は、この[General forms]にて行います。

web_mailchimp_signupform_generalforms

web_mailchimp_signupform_generalforms


また、「Forms and response emails」の部分でどの機能のデザイン・翻訳をするか選択します。

「Signup form URL」で生成されるリンクにアクセスすると、メール購読(登録)フォームが表示されます。
購読者希望の人に、一度リンク先に飛んでメール購読(登録)フォームに入力して登録してもらうという機能です。

[Build it][Design it][Translate it]それぞれのメニューで、デザイン・翻訳のページを切り替えます。


web_mailchimp_signupform_translate

web_mailchimp_signupform_translate

[Embedded forms]

[Embedded forms]では、Webページにメール購読(登録)フォームを表示するための、埋め込みコードを生成することができます。
wordpressなどのブログシステムであっても、プラグインを使わずに埋め込みコードを追加してメール購読(登録)フォームを設置することも可能です。また、APIなどを使ってメール購読(登録)フォームを作成することも可能です。

[Classic][Super Slim][Naked][Advanced]の4つのメニューがあり、違いは以下の通りです。


[Classic]:標準的なメール購読(登録)フォームのオプション設定をすることができます。

[Super Slim]:メールアドレスのみのメール購読(登録)フォームを設定することができます。

[Naked]:CSSとjavascriptを無効にした、HTMLのみのメール購読(登録)フォームのコードを生成します。

[Advanced]:メール購読(登録)フォームをカスタマイズするためのメニューです。

埋め込みコードを追加してメール購読(登録)フォームのデザインが崩れたり、登録ボタンが動作しない場合には、以下のコードの部分が原因の場合が多いです。特にwordpressでは他のプラグインとの相性もあります。

<!-- 修正前 -->
<link href="//cdn-images.mailchimp.com/embedcode/classic-081711.css" rel="stylesheet" type="text/css">
<!-- 修正後 -->
<link href="http://cdn-images.mailchimp.com/embedcode/classic-081711.css" rel="stylesheet" type="text/css">

上記のコードと同様に「form action」のhtmlコードのURLも「http:」が省略されていますので、環境によってはメール購読(登録)フォームが動作しない場合がありますので修正してみてください。

[Subscriber popup]

ポップアップでメール購読(登録)フォームを表示できる機能
セールス目的のポップアップ系の登録フォームは海外のサイトなどではよく見かけますが、日本のユーザーが好まない場合が多いので導入には慎重になるべきかと。

[Form integrations]

Twitterやwordpressなどに、mailchimmpのメール購読(登録)フォームを連携できる機能

若干使いにくいので、wordpress使っている方やブログにメール購読(登録)フォームを埋め込む場合には[Embedded forms]を使うことをおすすめしています。

mailchimpのメール購読(登録)フォームをwebページに埋め込む

僕は基本的に、[Embedded forms]の機能を使って生成したコードをメール購読(登録)フォームを設置したい場所に埋め込む方法をとっていますので、[Embedded forms]を使っていることを前提に次の記事を書いています。

その他mailchimpの使い方の記事

次のステップの記事は[mailchimpの使い方-メール配信リストの作成]です。参考にしてみてください。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links