javascript:多次元配列での連想配列(key:value)を取得するコード例

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

javascriptの2次元配列や多次元配列での連想配列(key:value)についてです。
入門的な内容ですが、複雑な配列をたまに使うと忘れていたりするので、メモ代わりに書き留めています。

また、javascirptをSublime Text2でコンソールに出力して色々と遊んでみたい方は、過去記事「javascriptコンソールをSublime Text2で使う方法(Windows版)」を参考にしてみてください。

javascript:多次元配列での連想配列(key:value)を取得するコード例

javascript 配列

javascriptでは基本的に、配列と連想配列は別の動き方をします。

//配列
data0 = [
	["Win98", "Windows98"],
	["WinXP", "WindowsXP"],
];
console.log(data0.length); //2
console.log(data0[0]); //[ 'Win98', 'Windows98' ]
console.log(data0[1][1]); //WindowsXP

javascript 連想配列

web_javascript_hash

連想配列では上記の例のように、data0[1][1] のような呼び出し方はできません。
逆に配列では下記の例のように、data.Windows.Win8.Win80 のような呼び出し方はできません。

//連想配列
var data ={
	"Linux":{"30":"100","26":"150","30":"200"},
	"Windows":{"WinXP":"500","Win8":{"Win80":"600","Win81":"700"}}
};
console.log(data.length); //undefined
console.log(data["Linux"]["30"]); //200
console.log(data["Windows"]["Win8"]["Win80"]); //600
console.log(data.Windows.Win8.Win80); //600

まとめ:javascript全般に関して

javascriptに関してですが、けっこう自由な代わりに独特なルールが多い言語ですので、長い間付き合っていこうとするのならば一度しっかりと知識を体系立てて整理するのが良いかと思います。
とりあえず、あやふやなjavascriptの知識を整理したいという場合には パーフェクトJavaScript (PERFECT SERIES 4) を、基礎の基礎からがっちりと学びたいという場合には JavaScript 第6版 をおすすめします。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links