商奉行の使い方-得意先データのエクスポート方法

記事公開日:
最終更新日:

クライアントさんがOBCの商奉行(i8シリーズ)を使っていて、使い方を調べる必要があったので、そのメモです。

商奉行の得意先データのエクスポート方法

Excelファイルにエクスポートする場合

随時処理
→汎用データ作成
→マスターデータ作成
→得意先データ作成
→印刷等
→転送
→出力設定(Excelファイルにチェック)
→出力開始

PDFファイルにエクスポートする場合

随時処理
→汎用データ作成
→マスターデータ作成
→得意先データ作成
→印刷等
→PDF

商奉行の得意先データ作成の出力条件設定など

基本設定

エクスポートする得意先のデータ範囲を指定します。得意先データを全て出力したい場合には特に指定の必要はないです。

出力設定

エクセルでエクスポートする場合には、Excelファイルにチェックを入れる。

項目選択

web_make_data4

ここでエクスポートする項目を選択します。データを全てエクスポートしたい場合には、全ての項目を選択するといいです。

その他のデータのエクスポート

基本的に見積書・受注伝票・売上伝票・入金伝票のデータエクスポートも同じような要領で行えます。

web_import_data01

随時処理
→汎用データ作成
→販売データ作成
→エクスポートしたい各データを選択

エクスポートしたEXCELファイルから得意先を検索する

商奉行では標準で得意先を検索する機能(得意先指定の欄で半角スペースを押す)が備わっていますが、微妙に検索しにくい時があります。(得意先名1と得意先名2みたいな)

そこで、Excelファイルに得意先の全ての情報をエクスポートしておいて、[Ctrl + F](エクセルを開いて、Ctrlキーを押しながらFキーを押す)にてエクセルのシート内の文字列検索をすることができます。

複数のシートがあって、エクセルファイル全体を検索したい時には[Ctrl + F]を押したあと、[オプション]→[検索場所をブックにする]と指定します。

得意先や仕入先などのデータをExcelファイルにエクスポートして他の人にデータを渡しておく事で、手間を減らすこともできそうです。


おすすめの記事
自社のために4つの無料(フリー)クラウド会計ソフトの比較検討してみました

No tags for this post.

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。