商奉行の使い方-得意先元帳のデータを文字列検索・一括置換する方法

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

業務効率化のお仕事をもらっているクライアントさんがOBCの商奉行(i8シリーズ)を使っていて、使い方を調べる必要があったので、そのメモです。

得意先元帳のデータを文字列検索する方法

得意先の過去の売上伝票履歴などを調べたい時に、履歴を目視で調べていくと、ものすごい数になる時があります。
そんな場合には得意先元帳のデータをEXCELに一度エクスポートして、文字列検索すると楽な場合が多いです。

web_tokuisaki_motocho

各得意先の元帳を開く
→左下の印刷(F2)をクリック
→転送をクリック
→EXCELファイルを指定
→出力開始

このような操作を行うと、指定期間の指定得意先のデータがEXCELにエクスポートできますので、エクセルを開いて[Ctrl + F](Ctrlキーを押しながらFキーを押す)にてエクセルのシート内の文字列検索をすることができます。

得意先元帳のデータを一括置換する方法

また、一括で修正したい部分などがある場合、EXCELにエクスポートしたのち指定の文字列を一括で置換してインポートし直すといった方法も可能です。

No tags for this post.

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links