mailchimpの使い方-メール配信リストの作成

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

This post is also available in: 英語

別記事にて、mailchimpの使い方説明の記事を一覧にまとめています。
[mailchimpの使い方の記事まとめ]を参考にしてみてください。

メール配信リストの作成

mailchimpではメール配信リスト(List)ごとにメール購読フォームや購読確認メールなどを変更することができるので、言語別や顧客ターゲット別にメール配信リストを作っていく方がよいと思います。

[MailChimp Dashboad > Lists > Create List]と移動する。

すると、下記の画像のようなページが表示されるかと思います。


web_mailchimp_list

web_mailchimp_list

List name

メーリングリストの名前です。あとで変更可能なので、分かりやすい名前にしてください。

Default “from” name

デフォルトの送り元(from)の名前です。通常は、メールマガジンやサイト、会社の名前にします。

Default “from” email

デフォルトの送り元のメールアドレス。メール配信用に作ったメールアドレスが望ましいです。

Remind people how they got on your list

どういった経緯で読者がメールマガジンを受信しているのか、説明する文章を書きます。

例えば「このメールマガジンは、www.amelt.netのブログの無料メールマガジンに登録していただいた読者の方にお送りしています。」のような感じです。

Company/organizationなど

メールマガジンを配信している会社・団体などの情報を記入します。
ここで入力した情報は、読者の方に表示されます。

Daily summary

1日ごとに購読/購読解除の通知を受け取るかどうかの設定。

One-by-one:subscribe notifications as they happen

購読者登録されたら、1人ずつ通知するかどうかの設定。

One-by-one:unsubscribe notifications as they happen

購読者登録を解除されたら、1人ずつ通知するかどうかの設定。

People can pick email format (HTML or plain-text)

受信するフォーマット(HTML/テキスト)を、読者が選択できるようにするかどうかの設定。

業種や商材・サービスによるかと思いますが、HTMLメールを作成する場合には非常に手間がかかりますので、基本的にはテキストメールのみの運営をおすすめしています。

そして、全てを入力し終わったら必ず「Save」を押して保存してください

その他mailchimpの使い方の記事

次のステップの記事は[mailchimpの使い方-テスト配信の方法]です。参考にしてみてください。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links