飲食店のwebマーケティング事例-その1webマーケティング戦略

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

webマーケティングの流れ_webマーケティング戦略

webマーケティングの流れ_webマーケティング戦略



どれだけ料理の質が良くても、サービスが良くても、お客さんがいなければ売り上げ・利益はあがりません。もちろん、料理の質やサービスの質は、一度ご来店いただいたお客さんにリピーターになってもらうためには必要不可欠な要素です。

飲食店においてのwebマーケティング戦略の目的は、なんにせよ「webマーケティングをキッカケとして来店してもらう事」に尽きます。

そして、来店していただいたお客さんに満足していただき、リピーターを増やすこと…どこにでも書いてあるような基本的な内容ですが、その基本を守らずに小手先だけのテクニックで何とかしようと考え、上手くいっていないケースがよくあります。

そもそも、飲食店のマーケティング戦略とはどういった方法・考え方で行うのかについて書いていきたいと思います。

webマーケティングの基本的な流れについては過去の記事「webマーケティングの基本的な方法と流れ」を参考にしてみてください。

1.webマーケティング戦略-飲食店の事例

飲食店の成功要因において「立地」が重要だと言われてきましたが、店舗ホームページや食べログ・ぐるなび・ホットペッパーなどのサイトの登場により、徐々に優先度が下がってきています。

「立地」が悪いということは、人に認知されにくいということ…つまり、人に認知されてないということは飲食店が「存在していない」のと同じ状態であると言えます。

しかし、自分の行動を振り返ってみると(インタビューや調査の結果、多くのお客さんも同じですが)、長年住んでいる地域で無い限り、飲食店を探すときはパソコンやスマートフォンからインターネットで検索したり食べログ・ぐるなび・ホットペッパーなどのサイトで、メニューや料金、クチコミ等を調べた上でどのお店にしようかと決めています。

ちょっと距離を歩いてでも気になるお店、おいしいと言われているお店、サービスがいいお店に行きたいと思うのが大多数です。
webマーケティングはお客さんに飲食店を知ってもらうという目的を達成するのに非常に有効な手段となります。

お客さんに対して何をアピールするのか?-統一した一貫性が大切

お客さんの頭の中は仕事やプライベートの情報でいっぱいです。頭の中がいっぱいなのは、インターネットで検索する人も飲食店の前を通る人も同じです。
飲食店の看板やwebサイトを見たとしても、インパクトのない情報を覚えているのは不可能です。

ですので、webサイトと飲食店の広告方針は単純でインパクトがあって分かりやすく、なおかつメッセージが「一貫している」ということが非常に重要となります。

要点が2個も3個もあるメッセージはもちろん伝わりにくいですし、webサイトと実際の飲食店のメッセージが食い違っていると混乱してしまいます。

インパクトのある良い印象やを与えられないと、リピーターとして再度来店していただくことは難しくなります。数ある普通の飲食店の中の一つとして埋もれてしまいます。

一貫性を保つためにはお店の「核」を明確にすることが重要

お店の「核」(ユニーク・セリング・プロポジション)を明確にすると、利益を増やすための道筋が見えてきます。

1.お店の強みと弱みが明確になり、お店の強みに従って単純明快なアピールポイントが見つかる。

2.そのアピールポイントを「一貫性を持って」アピールし続けると、お客さんの印象に残りやすくなる

3.当然、お客さんの印象に残ったお店は口コミなどで、来店数やリピート率があがる

道が見えたなら、あとは道を進むだけです。

次回の記事飲食店のwebマーケティング事例-その2.webマーケティング戦術」に続きます。

飲食店に関するおすすめの記事:
無料の飲食店の予約システムならYahoo!予約 飲食店が便利

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links