2025年の世界都市に対する東京・大阪の予測GDPランキング

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

Asia・ASEAN諸国やBRICsが成長するとかなり前から言われていますが、日本の都市はどれくらいの規模(どれくらい置いてけぼり喰らうのか)なのか軽く気になったので2025年の東京・大阪、その他都市のGDP予測ランキングを調べてみました。

参考引用元や過去(2008年と2012年時点)のGDP予測ランキングが気になる方は記事下のリンクを参照してみてください。あと、統計的に細かいところ(全ての都市をピックアップしたわけではないとか…)は無視しておおざっぱに書いてます。

参考にしたのはマッキンゼーとプライスウォーターハウスクーパース(任意にピックアップした都市)の資料です。

2008年時点の世界都市に対する東京・大阪の予測GDPランキング

2008年時点でプライスウォーターハウスクーパースが公表した資料によると下記のとおりです。

1位 東京
2位 ニューヨーク
3位 ロサンゼルス
4位 シカゴ
5位 ロンドン
6位 パリ
7位 大阪
8位 メキシコシティ

東京はなんだかんだで強く、我が地元大阪も頑張っています。ただし、東京のGDPは大阪の約3.54倍あります。
GDPは東京に集中しているのは明らかですが、IT業界でも地方が注目されつつあるので、地方のGDPがどんな感じで推移していくのか要チェックです。

で、2025年の東京・大阪のGDP予測ランキング

下記は、McKinsey Global Instituteの資料の一部です。
青い文字の都市は開発途上国、赤い丸マークを付けたのが日本の都市です。

web_IMAGE_Page3_MGI_urban_world_mapping_economic_power_of_cities_full_report

具体的な数字は分かりませんが、色々な資料を見たところによると東京と大阪のGDPの差は広がっていくようです。
で、上位都市には中国の都市が多数ランクインしてくるようです。
shanghai(上海市)、beijing(北京市)、shenzhen(深セン市)、tianjin(天津市)、chongqing(重慶)、guangzhou(広州市)。

東京がTotalPopulationでトップなのには、ちょっとビックリしました。人が多すぎです。

で、重要なのは Households with annual income over $20,000[Households with annual incomes greater than $20,000 in purchasing power parity (PPP) terms](要約すると、経済学的なフィルターを通した後の$20,000より多い家計年収)で、東京・大阪の世帯収入が多そうだと錯覚してしまいそうですが、年金受給者も含まれていそうなのでこの結果から東京・大阪が元気だとは判断できません。
ですが、2025年時点でも東京・大阪ががそれなりの家計年収のランクであるのは良いことですね。

TotalHouseholdsで大阪のランキングが大きく下がるのは、レポートにもあるとおり年収$20,000以下の層が他の国で大幅に増えるからでしょう。
ただし、TotalHouseholdsで中国以外のAsia・ASEANの都市がほとんどランクに入ってないのが気になります。


個人的には、思っていたよりも急な変化ではなさそうです。
変化がゆっくり起こるということは、日本は徐々に悪くなっていって…ある日ふと気づくとヤバイっていう状態になっていそうな予感がします。

中小企業であってもリスクヘッジとして日本市場の他に海外市場で外貨を稼ぐ仕組みを作っておいたほうが良さそうです。国債の暴落やハイパーインフレ説もありますし。おおよそ2025年までには日本市場と同じくらいの規模の事業になるようにしたいものです。

資料から読み取れることが意外と多かったので、また元気な時に追記していこうと思います。


参考引用:
McKinsey Global Institute Urban world: Mapping the economic power of cities

Wikipedia-域内総生産順リスト

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links