Redirection:wordpressページリダイレクトのおすすめプラグイン

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

wordpressのページリダイレクトや、wordpressサイトの引越し・統合する時におすすめのプラグイン「Redirection」の紹介記事です。

wordpressページリダイレクトのおすすめプラグイン

wordpressのプラグインに「Redirection」というプラグインがあります。
http://wordpress.org/plugins/redirection/

公式ホームページの説明を簡単に意訳すると、
「 .htaccessファイルをいじらなくても、404エラーをモニターしたり、301リダイレクトを行うことができるプラグイン。wordpressサイトのディレクトリ構造の変更や、引越しの時に便利です。」

というプラグインです。

今回は例として301リダイレクトを使って、wordpressページの引越し・統合をする時のメモを書こうと思います。

追記:Redirectionプラグインでエラーが出る場合

wordpress本体もしくはRedirectionプラグインの導入や更新・バージョンアップの際に、

WordPress database error: [Table ‘wp_redirection_404’ already exists]みたいなエラーが出た場合には、

別記事WordPress database error: [Table ‘wp_redirection_404’ already exists]とエラー表示された時の対処方法を参考にしてみてください。

301リダイレクトを使う理由は?

301リダイレクトとは「永久的にリダイレクトしてください」という使い方をする場合に用います。
一時的にリダイレクトして、また元のURLに戻す場合には、302リダイレクト(一時的なリダイレクト)を用いてください。

wordpressページ引越しの時に301リダイレクトを使う方がいい理由は、Gooleの中の人がそうした方がいいって言ってるからです。
グーグルのマット・カッツから学ぶ、ランキングを維持したままドメイン名を変える正しい手順

Redirectionプラグインの使い方

以下のような設定で「ソース URL」から「ターゲット URL」への301リダイレクトを行うことができます。
ちなみに、何回リダイレクトされたかのカウントも行ってくれます。

「ソース URL」も絶対URLで入力すれば、画像のように相対URLでの表示になっています。
正規表現(.htaccessに書き込む方法でリダイレクトを行う)でもできますが、説明は省きます。


web_redirection

web_redirection

ソース URL:移転前の絶対URL
一致条件:URLのみ(その他の選択肢もあります。)
操作: URLへ転送
ターゲット URL:移転後の絶対URL

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links