メール配信システムmailchimpの使い方-無料で配信できるサービス内容

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

This post is also available in: 英語

別記事にて、mailchimpの使い方説明の記事の一覧をまとめています。
[mailchimpの使い方の記事まとめ]を参考にしてみてください。

mailchimpの無料で使える範囲

web_購読者数に対して課金

web_購読者数に対して課金


上記の画像は、一ヶ月の定額課金の場合のプランです。

mailchimpの無料で使える範囲(フリープラン)は「購読者リストが2000人以下、尚かつ1ヶ月に送るメール送信数が12000通以下」の場合となります。

とりあえず、メールマガジン目的などで小さくはじめるのには十分です。

mailchimpの以下のページにて、「Enter your estimated monthly number of subscribers」の部分に想定する購読者数を入力すると料金などを計算してくれます。
http://mailchimp.com/pricing/growing-business/

ちなみに「Pay as you go」は、頻繁にメールを送る必要のない場合に、メール配信数の従量制にて課金されるプランです。

mailchimpの有料・無料プランの機能比較

mailchimpの以下のページに、分かりやすい比較表があります。

http://mailchimp.com/pricing/free/

mailchimpの無料プランと比較して有料でしか使えない機能は以下のような感じです。
無料プランでも「A/Bテスト」「複数ユーザーアカウント」「RSS-to-Email(ブログのRSSをメール配信する)」などの機能は利用可能です。

Autoresponders

指定したイベント条件をトリガーとして、メールを自動的に送ることのできる機能。

俗にステップメールと呼ばれる機能も、Autorespondersで実現可能です。

Spam Filter Diagnostics

スパムフィルターに入ってしまった配信メールを通知してくれる機能。

Email Client Testing

メジャーなPC・モバイルのメールクライアントでの表示を確認することができる機能。
HTMLメールを使う場合に便利。

Delivery by Time Zone

購読者のタイムゾーンに合わせて、メール配信予約をすることができる機能。

Social Pro

有料プランでのみ利用できる、有料アドオン。
配信したメールに対しての、ソーシャルネットワークでの反応を軽く解析できる機能。

その他mailchimpの使い方の記事

次のステップの記事は[mailchimpの使い方-メール購読フォームの作成]です。参考にしてみてください。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links