ローカルseo対策の7個の方法

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

ローカルSEO対策とは、ローカル地域(もしくは商圏)のユーザーに対して、主に検索エンジンやソーシャルネットーワーク経由でのWEBサイトの露出を高める方法です。
本記事では、ローカルSEO対策について基本的な7個の方法について書いています。

ローカルseo対策の7個の方法

ローカル地域での基本情報の最適化

ローカルSEO対策で俗にNAP(Name/Adress/Phone)対策と呼ばれる、店舗名・住所・電話番号の情報を最適化します。

検索エンジンに理解してもらいやすいように、テキストベースで、Google+ページ(旧Googleプレイス)などに掲載している情報と書き方などを統一します。ホームページのフッターなどの分かりやすい部分に店舗名・住所・電話番号の情報を記載すると良いです。

また会社概要のページなどを作成し、営業時間やロゴ・写真なども掲載します。

ローカル地域向けのHTMLタグの最適化

ローカル地域・住所情報などをHTMLのタイトルタグ・H1タグ・文章中のキーワード・画像のALTタグなどに記述します。あらかじめ「地域名+キーワード」(大阪 + webマーケティング)などのローカル地域でアピールしたい情報を用意しておくと便利です。

ローカル地域関連の情報の最適化

ローカル地域関連の情報(例えばイベントやセミナー、新店舗など)を発信していきます。ローカル地域関連の情報を発信することによって、そのローカル地域と関連性が高いと検索エンジンに判断されやすいそうです。

ローカル地域関連のサイトからの外部リンクの最適化

ローカル地域関連の情報サイト(Yelp・エキテンなど)などからの外部リンクを構築します。また、各情報サイトに登録する際にもNAP(Name/Adress/Phone)の情報を統一します。

ソーシャルネットワークの最適化

google+,facebook,Twitterのソーシャルネットワークを基本に、業界・業種によって適したソーシャルネットワークでローカルの地域向けに情報を発信します。もちろん、ソーシャルネットワークのコンテンツでもローカル地域関連の情報を発信すると有効です。

レビューの獲得

Google+や各種口コミサイトなどのレビューは検索エンジンがWEBサイトの有用性を判断するのに重要な情報の一つと言われています。ただし、まっとうな方法でレビューを集めないと逆にペナルティを喰らいますので気をつけてください。

schema.org(構造化データ)の最適化

schema.orgとは、Google、Yahoo、Bingなどの検索エンジンがコンテンツページの内容を把握しやすくするための方法で、検索順位や検索結果に表示される内容などを最適化します。schema.org(構造化データ)については別記事「ローカルSEO:schema.orgのJSON-LD/Microdataの使い方」を参考にしてみてください。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links