飲食店でのローカル地域SEO:schema.orgのJSON-LDの使い方の例

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

本記事は飲食店でのローカル地域SEO対策のための構造化データ(JSON-LD)の使い方のサンプルコードです。
ローカル地域SEOの構造化データ(JSON-LD/Microdata)の内容に関しては別の記事「ローカルSEO:schema.orgのJSON-LD/Microdataの使い方」を参考にしてみてください。

ローカル地域SEOの構造化データ(JSON-LD)

下記は飲食店舗でのJSON-LDの使い方の例です。
構造化データにはJSON-LD,Microdata,RDFaがありますが、まとめて記述できて楽なため、個人的にはJSON-LDの形式がおすすめです。

その他、下記の例以外にもschema.org(Thing > Place > LocalBusiness > FoodEstablishment > Restaurant)にてRestaurantの構造化データの定義が掲載されていますので、参考にしてみてください。

<script type="application/ld+json">
{
  "@context" : "http://schema.org",
  "@type": "Restaurant",
  "name" : "店舗名",
  "telephone" : "電話番号",
  "address" : {
    "@type" : "PostalAddress",
    "streetAddress" : "番地",
    "addressLocality" : "市区町村",
    "addressRegion" : "都道府県",
    "postalCode" : "郵便番号"
  },
  "url": "ホームページのアドレス",
  "aggregateRating": {
    "@type": "AggregateRating",
    "ratingValue": "レビューの平均値",
    "reviewCount": "レビューの数"
  },
  "openingHours": [
    "下記のように営業時間を記入する",
    "Mo-Fr 11:30-14:00",
    "Su-Sa 18:00-23:00"
  ],
  "priceRange": "$$",
  "servesCuisine": [
    "料理のジャンル",
  ],
  "geo": {
    "@type": "GeoCoordinates",
    "latitude": "緯度を入力、例えば 35.705017",
    "longitude": "経度を入力、例えば 138.51477"
  },
  "logo" : "ロゴ画像のアドレス",
  "photo" : "店舗写真のアドレス"
}
</script>

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links