ローカルSEO:schema.orgのJSON-LD/Microdataの使い方

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

本記事は、ローカルSEO方法の一つであるschema.orgの構造化データであるJSON-LD/Microdataの使い方について書いています。

schema.orgとは

schema.orgとはHTMLマークアップ(構造化データ)の指針で、Google、Yahoo、Bingなどの検索エンジンがコンテンツページの内容を把握しやすくするための方法です。

その結果、リッチスニペット(検索結果に表示される、タイトルや要約、飲食店舗の営業時間や住所)など、SEOに効果があると言われています。

JSON-LDとMicrodataの違い

HTMLマークアップ(構造化データ)の方法にもいくつか種類があって、JSON-LD/Microdata/RDFa などのデータ形式があります。

JSON-LDはJSON形式で既存のHTMLタグとは別に一括してHTMLマークアップ(構造化データ)が作成できるのに対して、MicrodataはCSSのid,classのように既存の各々のHTMLタグに追加する必要があります。

JSON-LD/Microdataの使い方

HTMLマークアップ(構造化データ)に便利なGoogleの構造化データマークアップ支援ツールがJSON-LD/Microdataにしか対応していないので、JSON-LD/MicrodataのうちJSON-LDをメインにしてMicrodataで補完するという方法を取っています。

個人的にはサイト全体で共通部分が多い内容はJSON-LD、各ページで個別対応が必要な内容にはMicrodataを使うことをおすすめします。
JSON-LD/Microdataの併用は特に問題ありません

Googleの構造化データマークアップ支援ツールにて基本的なJSON-LDの構造化データを作成して、自分のサイト向けに構造化データを修正した後、構造化データマークアップチェックツールで作成した構造化データに問題がないかチェックするという使い方がおすすめです。

Googleの構造化データマークアップ支援ツール
schema.orgのArticleでの構造化データの例
Googleの構造化データマークアップチェックツール

JSON-LD/Microdataのコードサンプル

本サイトの記事ページでのHTMLマークアップ(構造化データ)の例です。
wordpressなどのCMSを使っている場合には、自動で表示されるようにしておくと便利です。
https://www.amelt.net/imc/miwm/2632/

<script type="application/ld+json">{
              "@context" : "http://schema.org",
              "@type" : "Article",
              "name" : "[もくじとマインドマップ]個人・中小企業向けに特化した統合webマーケティング",
              "author" : {
                   "@type" : "Person",
                   "name" : "Kuniyoshi Takemoto"
                   },
              "datePublished" : "2014-2-25",
              "image" : "http://i0.wp.com/www.amelt.net/wp-content/uploads/50ff3a0a937846087d5f6082cf2c307d.jpg?resize=600%2C691",
              "articleSection" : "webマーケティング 方法",
              "url" : "https://www.amelt.net/imc/miwm/2632/",
              "publisher" : {
                   "@type" : "Organization",
                   "name" : "Amelt.net"
                   }
              }</script>

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links