Access:VBAで分割フォームにてボタンクリックで表示列の選択ダイアログ表示をするコード

記事公開日:
最終更新日:

Accessの分割フォームにて、ボタンをクリックして、列の選択ダイアログ(チェックボックスで)を表示するVBAのサンプルコードです。
絞り込んで表示された列の印刷はAccess標準機能の「メニュー>ファイル>印刷」 より可能です。

また、あらかじめ指定した列を表示した上で、行をフィルタリングしたい場合には、普通にレポート機能を利用するのが良いかと思います。

そうではなく、列の表示も任意に、行の選択も任意に選択した上で印刷するようなシステムにしたい場合には、本記事の内容と過去の記事「Access:マクロを使い分割フォームにてボタンクリックで複数条件フィルタリングをする方法」を組み合わせて実現することが可能ですので参考にしてみてください。

ボタンを用意してイベントプロシージャにて、下記のコードを実行するようにします。

Private Sub SelectColumn_Click()
    '列の表示/非表示コマンドを実行
    DoCmd.RunCommand acCmdUnhideColumns
End Sub


「Accessのサンプルコード本(PDF)とサンプルファイル(accdb)」を販売しています。

もくじ
1.起動時にAccessファイルを自動でバックアップするサンプルコード
2.ユーザー選択(各ユーザーパスワードでアクセス制限)画面と、ユーザー権限によりメニュー画面を分岐する方法
3.Accessにて簡易的な変更履歴機能を実装する方法

同封ファイル一覧
・Accessのサンプルコードを説明したPDF(もくじの内容)
・上記PDFと同じ内容の.rtfファイル(コードをコピペする用)
・Access(.accdb)のサンプルファイル(もくじの2,3の内容)

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。