Access:マクロを使い分割フォームにてボタンクリックで複数条件フィルタリングをする方法

記事公開日:
最終更新日:

Accessで分割フォーム(フォームとデータシート)を使っていて、ボタンをクリックした際のマクロ(埋め込みマクロ)にて、複数条件にマッチしたデータのみフィルタリングを実行するマクロの例です。
データの内容(Yes/No型など)によっては少し工夫が必要ですので、読み替えてください。

以下の例は[フィールド名01]がTrueでなく尚且つ[フィールド名02]が10未満のケースのみ表示するというサンプルです。

新しいアクションの追加:フィルターの実行
フィルター名:任意で決めてください
Where条件式:[テーブル名]![フィールド名01]<>True And Nz([テーブル名]![フィールド名02,0)<10 コントロール名:空欄でも大丈夫です

ちなみに、「フィルターの解除ボタン」も必要な場合、別のボタンを新規作成した上マクロ(埋め込みマクロ)にて「新しいアクションの追加:」からフィルターの解除も実装することができます。


「Accessのサンプルコード本(PDF)とサンプルファイル(accdb)」を販売しています。

もくじ
1.起動時にAccessファイルを自動でバックアップするサンプルコード
2.ユーザー選択(各ユーザーパスワードでアクセス制限)画面と、ユーザー権限によりメニュー画面を分岐する方法
3.Accessにて簡易的な変更履歴機能を実装する方法

同封ファイル一覧
・Accessのサンプルコードを説明したPDF(もくじの内容)
・上記PDFと同じ内容の.rtfファイル(コードをコピペする用)
・Access(.accdb)のサンプルファイル(もくじの2,3の内容)

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。