スタンフォード大学講義の要約:How to Start a Startup-Lecture 6 by Alex Schultz :要約

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

スタンフォード大学のスタートアップクラスの動画の要約です。
内容はかなり抜粋していて(50分ほどの動画なので)、個人的に印象に残った部分のみ抜き出して意訳しています。

この講義は Alex Schultz(Facebookやebayなどでのインターネットマーケティング) が担当しています。
講義の内容はインターネットマーケティング(主にグロースハッキングなど)について分かりやすく説明してくれています。


Retention(リテンション)は企業の成長にとってたった一つの最も重要な事柄だ。

Retention(リテンション)とは獲得したユーザーの滞在率とか維持率のことです。
動画中の図はリンク先のスライドの3枚目にて見ることができます。Acquisition(ユーザー獲得数)、Retention(ユーザー維持率)。

スライドへのリンク

利用率の少ないユーザーにフォーカスする。利用率の少ないユーザーとは特定の期間に通知(notification)を受けていないユーザーのことだ。
素晴らしいプロダクトを構築することは、確かにプロダクトを最も使う人向けに最適化することだが、しかし、成長を促進する段階にきた時には、既にプロダクトを使っているユーザーはあなたが思い悩むべき対象ではない。

私がFacebookに働いていた時、Sean Parkerが素晴らしいモデルを教えてくれた。それはプロダクトのバイラリティについての考え方で、3つの事柄に関してだ。
最初のひとつはpayload ― つまり、何人の人になんらかのバイラル効果を与えることができるか。2つめはコンバージョンレート、3つめはフリークエンシーだ。
これらは製品をどのようにバイラルさせるかについての基本的なアイデアとなる。

動画では28分あたりからの部分で、バイラルマーケティングに関する面白い部分です。HotmailやPaypalなどを例にあげて分かりやすく説明してくれています。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links