スタンフォード大学講義の要約:How to Start a Startup-Lecture 4 by Adora Cheung:要約

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

スタンフォード大学のスタートアップクラスの動画の要約です。
内容はかなり抜粋していて(50分ほどの動画なので)、個人的に印象に残った部分のみ抜き出して意訳しています。

この講義は Adora Cheung(Homejoy Co-founder & CEO) が担当しています。


この講義はスライドが中心になっているので、詳細が気になる方はリンク先のスライドを見てみてください。
他の講義と比べると比較的、How to集的な、ビジネスでぶち当たる問題の具体的な解決方法についての内容です。

多くを学んでエキスパートになる。
カスタマーセグメントを明確にする。
理想のユーザーセグメントをストーリーボードに落とし込む。

最初のユーザーは、あなたとあなたの周りの人達。

上記のように、ビジネス系の本に必ず書いてあるような話が続きます。
しかし、分かりきっている事を他社よりも一歩突き詰めて、徹底的にやることが大事なのだと講義から学ぶことができます。

質問:もしあなたのユーザーが既に快適に使っているプロダクトがあったとした場合に、どうやってあなたのプロダクトに切り替えてもらうのか?

答え:そこには常に切り替えコストが発生する。Homejoyの場合を例にとると、私たちはある意味で新しい市場を作っている。すなわち、私たちの最初のユーザーはクリーニングサービスを使ったことがない人がほとんどで、私たちのサービスと使ってもらうことは簡単だ。

また、クリーナー(掃除する人)に来てもらっている人は、既にクリーナーの事を信頼している。そのような状況で何か他のクリーニングサービスを使ってもらおうとすることはおそらく難しいだろう。

あなたがプロダクトを作って、ユーザーをあなたのプロダクトに切り替えようとしようとした場合、あなたがしなければいけないのはある瞬間を見つけることだ。その瞬間というのは、今あるプロダクトよりもあなたのプロダクトがかなり良いものか、かなり差別化されたものであるという事です。

瞬間というのは、顧客が他社のプロダクトよりも自社のプロダクトを必要とする顧客体験の瞬間のことを指しています。
例えば、町の電気屋さんを例として、ご老人の家庭というユーザーを仮定します。ご老人の家庭の電球が切れた時に配達して代わりに取り付けてくれる(その代わり大きな家電製品が故障した場合にはその電気屋さんで買ってもらえる)などの顧客体験です。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links