スタンフォード大学講義の要約:How to Start a Startup-Lecture 1 by Sam Altman/Dustin Moskovitz

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

スタンフォード大学のスタートアップクラスの動画の要約です。
内容はかなり抜粋していて(50分ほどの動画なので)、個人的に印象に残った部分のみ抜き出して意訳しています。

最初の半分を Sam Altman(President of Y Combinator)、残りの半分を Dustin Moskovitz(co-founded the website Facebook)が担当しています。

Sam Altman

学生の間に、新しいアイデアを考えて、未来の共同創業者を探すのがよい。

ちなみに How to Start a Startup-Lecture 3 でのポール・グレアム(Y Combinatorの設立者の一人)の講義では、学生起業はおすすめしないと発言しています。理由は一度立ち上げると常に精一杯走り続けないといけないので、学生の間しかできないことができなくなるから…という内容です。

良いと思われるアイデアと、悪いと思われるアイデアの狭間が良いアイデア

参入する市場が成長市場かどうかは問題ではない

競合他社のことは考える必要はない―資金調達のニュース、将来どのような行動をとるか…など

スケールしないことに注目して実行すべきだ

Dustin Moskovitz

みんなが考えているスタートアップはこんな感じだけど、実はこんな感じ…といった、最初のつかみの部分がおもしろいスライドから始まります。

スライドのリンク:
https://view-api.box.com/1/sessions/e8c318c1945d4d0a9b3ac3bab12f8558/view

みんなが思っている会社のCEOはピラミッドの頂点にいるボスのようなイメージだけれども、実際は自分より他の人―従業員・カスタマー・パートナー・ユーザー・メディア―などの全てが自分のボスとなる。
By Phil Libin, CEO of Evernote

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links