Cloudflare経由でSSL化後にGmailのSMTPでメールが送信できない場合の対処方法など

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

既存ドメインをCloudflareのFlexibleSSLでSSL対応した後に、GmailでSMTPを利用して送信していた既存ドメインのメールが、以下のようなエラーが出て送れなくなるといった症状が出たので、解決方法をメモ代わりに書いています。
GmailでSMTPを利用してメール送信すると、以下のようなメッセージがメーラーデーモンから届く症状です。

Mail Delivery Subsystem <mailer-daemon@googlemail.com>
This is an automatically generated Delivery Status Notification
THIS IS A WARNING MESSAGE ONLY.
YOU DO NOT NEED TO RESEND YOUR MESSAGE.
Delivery to the following recipient has been delayed:
     sample@xxxxx.co.jp
Message will be retried for 1 more day(s)
Technical details of temporary failure:
Unspecified Error (SENT_EHLO): socket error during sasl send

結論から書くと、この症状はおそらくGmail側のスパム対策で、送信したメールの送信元ドメインが、実際に送信したドメインとは異なるドメインを経由(今回の場合にはCloudflareを経由)していて、スパム/迷惑メールっぽいから送信を制限されている…という事のようです。

対策として、Sender Policy Framework(SPF)値を、CloudflareのDNS設定に加えます。

以下の Value の値が肝心なわけですが、他のレコード(MXやAレコード)で points to 123.456.78.910 みたいな感じで自分のドメインのIPアドレスが自動取得されていると思いますので、以下のように新しい項目を作ってSPF値を設定します。

Type:TXT
Name:sample.com(自分のドメイン)
Value:v=spf1 ip4:123.456.78.910 ~all
TTL:Automatic

以上のような方法で、SMTPを利用した送信メールがスパム/迷惑メール判定されていた場合には解決できるかと思います。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links