マーケティングは必要なスキルか?

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

無料ニュースレターからいただいた質問の一つで、まとめたものを記事として整えて公開しています。

マーケティングの目的と仕事内容

マーケティングの目的と仕事内容は、かの有名なピーター・ドラッカー先生曰く、販売を不必要ににすることです。

マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則

要するに、マーケティングの仕事内容は理想的には販売などの営業活動をしなくても、お客さんが自ら進んで購入してくれるような状態(システム・流れ)を作ることです。
そのための方法として広告やセールスプロモーション・営業などがあり、それらを組み合わせて目的を達成する事が仕事内容だと言えます。

マーケティングを学んで、マーケティングを職業として活動していると思うのは「マーケティングは学ばなくてもビジネスの仕組みを組み立てることはできるが、仕組みの調子が悪くなった時に感覚以外に頼る方法がなくなる」ということです。

ほんとのところは、「壊れていないモノは修理する必要がない」という有名な格言のとおり、マーケティング論なんて知らなくても上手いことビジネスの仕組みが回っていて、利益が出ていれば何の問題もないのです。むしろ、何もしない事が最良の策だと言えます。

マーケティングが必要な場合

しかし、ビジネスを行う際にはいくつかの段階があります。
新規事業を軌道に乗せる段階(リーンスタートアップでいうと、プロダクトマーケットフィットまで)、それから軌道に乗ったビジネスを継続する段階(リーンスタートアップでいうと、AARRRすなわちグロースハック)です。

そして、新規事業を軌道に乗せる段階からビジネスを継続する段階までの間に、何度もPDCAサイクルのような「計画→実行→検証→改善」の流れを行う必要があります。

「壊れていないモノは修理する必要がない」ですが、最初から上手くいく、事業計画書どおりに物事が進むビジネスはほとんどないというのが現実です。

壊れているモノは修理する必要が出てきます
また、会社に雇われてマーケティングの仕事をしている場合、ビジネスの仕組みが調子悪くなった時に直感で感覚的な対策を実行することは難しく、何かの対策を実行しようと思えば納得のできる根拠と理由を上司なりに提示する必要があります。

組織が大きくなればなる程(個人の直感による独断と偏見で決められる範囲が狭くなる程)「軌道に乗せる段階」「ビジネスを継続する段階」のいずれの段階においても、マーケティングの原則に沿って論理的に解決する方法が必要となってきます。
この際、マーケティングのスキルが必要なのは、感覚や経験則では判断しかねる(判断できない)場合が多い事、また他の色々な人に指示を出して協力してもらう必要がある事というのが理由です。

マーケティングは必要なスキルか

しかし、一般的にマーケティングと言われる場合、広告などの表層的な一部のスキルが例に挙げられます。

マーケティングにおける「○○論」みたいな理屈や、表層的なスキルを最初から学ぶ必要はないと思いますが、最低限のマーケティングの根本的な原理原則を知っておく場合においては「必要なスキル」だと思います。

最低限のマーケティングの根本的な原理原則というのは、先ほど紹介したドラッカーの本の中にも書いてあるような「マネジメントの基本機能は、マーケティングとイノベーションである」のような基本的なことです。イノベーションとマーケティングの調整をするのがマネジメントなので、企業の必要な機能はイノベーションとマーケティングの2つと考えることができます。

マーケティングの仕事は会社によって定義も範囲も違うことが多いですが、企業の必要な機能がイノベーションとマーケティングの2つと考えてみると、必要なスキルがよく見えてくると思います。

マーケティングの仕事は会社によって定義も範囲も異なりますが、マーケティングの根本的な知識を持っていると状況に合わせて応用することができます。会社を変わったとしても応用できます。

応用する力というのは「マーケティングとは何か」という根本的なことを知った上で、今現在のビジネス環境に合わせた方法を作り出せる力です

ビジネス環境が変わっても、マーケティングの原理原則は変わらないからです。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links