Python LightGBM:Supported target types are: (‘binary’, ‘multiclass’). Got ‘continuous’ instead.

記事公開日:
最終更新日:

LightGBMにてCrosss Validationを行っている際に下記のエラーに遭遇しましたので、メモ代わりに書いています。

ValueError: Supported target types are: ('binary', 'multiclass'). Got 'continuous' instead.

今回遭遇したケースでは、層化抽出法(stratified)はクラス分類(classification)で有効で、回帰分析(regression)ではエラーが出るというものでした。
注意点として、Python API の lightgbm.cv では、デフォルトでstratified=Trueになってますので、回帰分析(regression)としてデータセットのtarget type(yラベル)を用意している場合にはstratified=Falseとするとエラーが出なくなるかと思います。

stratified=False

参照サイト:
Python: LightGBM cross validation. How to use lightgbm.cv for regression?

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。