PHP:CoreserverにComposerをインストールする方法と手順のメモ

記事公開日:
最終更新日:

Coreserverに、PHPのComposerをインストールする機会があったので、その際の方法と手順をメモ代りに書いています。
Coreserverの場合には、PHPのパスの指定が若干めんどうなので、そこらへんがハマりポイントかなと思います。

Composerのダウンロードとインストール

SSH接続してコマンドラインにてダウンロードとインストールを行うことを前提としています。
基本的には以下のComposerの公式サイトのとおり行います。
https://getcomposer.org/download/

SSHで接続後、/usr/bin に移動します。
公式サイトの手順通り進めると、カレントディレクトリにダウンロードしてインストールすることになります。
「php composer-setup.php –install-dir=bin」みたいにインストールディレクトリを指定することもできるらしいです。

cd /usr/bin

Coreserverでは、以下のようにPHPのバージョンとパスを指定した上で行うと良いみたいです(他に良い方法あるかもしれませんが)。
PHP7.1指定なら「/usr/local/bin/php71cli」、PHP5.3指定なら「/usr/local/bin/php53cli」みたいな感じです。

/usr/local/bin/php71cli -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
/usr/local/bin/php71cli -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === '48e3236262b34d30969dca3c37281b3b4bbe3221bda826ac6a9a62d6444cdb0dcd0615698a5cbe587c3f0fe57a54d8f5') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
/usr/local/bin/php71cli composer-setup.php
/usr/local/bin/php71cli -r "unlink('composer-setup.php');"

Composerがインストールされているかの確認

/usr/local/bin/php71cli /usr/bin/composer -V

各プロジェクトでのComposerの利用

例えば、Composerを利用してphpmailerをインストールする場合。

cd ProjectFolder(任意)
/usr/local/bin/php71cli /usr/bin/composer init
/usr/local/bin/php71cli /usr/bin/composer require phpmailer/phpmailer

ProjectFolder(任意)以下に、Composerのフォルダができているかと思います。
開発時に各WEBアプリで利用する場合には、そのパスを指定します。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報TwitterLinkedIn、またRSSfeedlyにてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。