【超基礎編】Webマーケティングの基本的な方法と流れ

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links
500_統合Webマーケティングの流れ

500_統合Webマーケティングの流れ

webマーケティングにおいて重要なのは「マーケティングリサーチ」と「企業戦略の策定」、この2点に尽きます。多くの個人・中小企業は、この最重要である2点を意識せずにwebマーケティングを実行してしまうという失敗をしてしまいます。

その結果、webマーケティングでは望むような結果が得られないという判断をしてしまい、新たな金脈となり得るインターネット部門に注力することをやめてしまっています。
本記事では、webマーケティングの基本的な流れについて簡単にお話したいと思います。

また、Webマーケティングの詳細な方法と流れについては別の記事「[もくじとマインドマップ]個人・中小企業向けに特化した統合webマーケティング」を参考にしてみてください。

Step.1 マーケティングリサーチ-進む方向の確認

マーケティングリサーチは非常に重要です。そして、難しくありません。

経験や勘で可能な場合もありますが、マーケティングリサーチを怠ると進む方向が間違っているかどうかの判断がつきません。進む方向が間違っていると、全速力で目的地と違った方向に進んでしまうことになります。もちろん、結果は出ません。

マーケティングリサーチというと外部から色々なデータを集めてくる必要があるイメージですが、社内の過去のデータやお客さんへのインタビューのほうがよっぽど重要な場合が多いです。

例えば過去5年間の受注の内訳をデータ化してどのように推移してるのか調べたり、市場動向と比べて自社の受注はどうなっているのか調べたりなど、簡単に調べるだけで現状の把握をすることができますし、思わぬ金脈が見つかるかもしれません。

Step.2 企業戦略に沿ったwebマーケティング戦略

webマーケティングにおいても、企業戦略に沿って「お客さんに対して伝えたいメッセージの統一」を意識してマーケティングをする必要があります。

しっかりと企業戦略に沿ったマーケティングを行わないと、お客さんの心の琴線に響くメッセージを作ることができなかったり、自社の強みを活かせるお客さんを見つけられなかったりと、思うような結果が出なくなってしまいます。

Step.3 戦術-webマーケティング戦略を実行する方法の選択

webマーケティング戦略に沿って、目標(新規顧客獲得など)を実現するために考えられる限りの方法を選択していきます。

ブレーンストリーミングなどでアイデアを出し、必要ならばオフライン(インターネット上ではない)においての戦術と上手く組み合わせながら相乗効果を図ったりして、俗に言う「クリエイティブな方法」も試したりもします。

Step.4 計画-戦術を効果的に実行するために

考えられる限りのwebマーケティングの方法を選択し、優先順位や費用対効果を考え「1週間/1ヶ月/1年」などの単位で計画に落とし込んでいきます。

Step.5 実行-計画に沿って実行あるのみ

計画に沿って、ひたすら実行していきます。

企業戦略・戦術のステップで頭が熱くなるくらい考えているかと思いますので、迷う必要なく実行あるのみです。
ただし、実行して行く中で戦略・戦術・計画に改善点が見つかった場合には、再度立ち止まって修正する必要があります。

webマーケティングにおいて重要なのは「マーケティングリサーチ」と「企業戦略の策定」

「マーケティングリサーチ」と「企業戦略の策定」 ― 道に迷ったときに例えるなら「現在地とその周辺状況の把握」そして「進む方向をリサーチの結果から注意深く決定する」

道に迷ったとき、進んでいる方向さえあっていれば修正に修正を重ねて、時間の経過と共に目的地に辿り付く事ができます。

初めてのお客さんの所に営業に行く時、地図で場所を調べて行くように、webマーケティングを行う際にも「地図」を用意しておけば上手くいく可能性は非常に高くなります。

今現在においては、インターネットは非常にROI(費用対効果)が高いツールですので、ぜひ有効に使っていただきたいと思います。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links