中小企業のWEBマーケティング事例

記事公開日:
最終更新日:

本記事では弊社の取り扱ったWEBマーケティングの事例を

・B2Bの場合「WEBサイトに集客→見込み客化→アフターフォロー」
・B2Cの場合「WEBサイトに集客→販売して新規顧客化→アフターフォロー」

という流れに沿って、事例を一般化して紹介しています。
事例は一般化したざっくりとした内容(詳細には公開できませんので…)としていますので、詳細は直接お話する機会にお尋ねいただければと思います。

Amelt.net,LLC.は個人・中小企業でのマーケティングの問題をITで解決することに特化した会社です。
その他、ITを活用した最新の改善事例については、最近の改善事例 のページをご覧ください。

中小企業(B2B)のWEBマーケティング事例

B2Bの場合には「WEBサイトに集客→見込み客化→アフターフォロー」という流れが一般的です。

B2B企業のWEBサイトへの集客に関するWEBマーケティング事例

B2Bの「WEBサイトに集客→見込み客化」というの流れの場合、WEBサイトの集客数×見込み客化率 が一般的な目標となりますので、「WEBサイトの集客数の最大化」と「見込み客化率の向上」に対しての施策が主なWEBマーケティングの内容となります。

WEBサイトの集客数=PV(ページビュー)と一般的に呼ばれてます。
訪問者からの見込み客化率=CVR(コンバージョンレート)と一般的に呼ばれてます。

B2B企業のWEBサイトへの集客数の最大化の方法

WEBマーケティングの内容は企業の置かれている状況によって変わりますが、WEBサイトの集客数の最大化に関してはSEO・コンテンツマーケティングなど、複数のWEBマーケティング方法をテストし、なるべくコストのかからない方法(なおかつ費用対効果の高い方法)を選別していきます。

B2B企業の訪問者からの見込み客化率の最大化の方法

訪問者からの見込み客化率を最大化するWEBマーケティングは、飲食店・ECサイト等の比較的にすぐに販売できる業種でない限り、「見込み客化→新規顧客化」というステップを踏みます。

「見込み客化」の対策に関しては、A/Bテスト(複数の異なるwebページを用意して申し込み率などを調べるテスト)・ランディングページ最適化など、訪問者からの見込み客化率=CVR(コンバージョンレート)を最大化する方法を見つける施策が中心となります。

「新規顧客化」の対策に関しては、業界や業種によって見込み客に対しての最適なマーケティングの方法(メール・SNSもしくはDMなど)を通して、見込み客からの新規顧客化を最大化する組み合わせを見つける施策が中心となります。

最大化する組み合わせを見つけた後には、投資費用対効果を計算して、小さな流れを大きな流れにしていきます。

B2B企業のアフターフォローに関するWEBマーケティング事例

アフターフォローに関するWEBマーケティングは「新規顧客→優良顧客化(俗にロイヤルカスタマー)→新規顧客の紹介」というようなの流れになるように仕組みづくりを行います。

オンライン・オフライン共に、既存顧客の口コミからの紹介という流れは重要な要素のうちの一つです。
アフターフォローの段階では、既存顧客が口コミをしてくれるような流れをWEBマーケティングによって作ることが目的になり、人員が割けるのであれば営業、人員が割けないのであれば商品・サービスに関する手厚いフォローを中心に行うのが一般的です。

中小企業(B2C)のWEBマーケティング事例

B2Cの場合には「WEBサイトに集客→販売して新規顧客化」、という流れが一般的です。
「販売して新規顧客化」とは、飲食店なら予約になりますし、ECサイトなら購入したという意味で使っています。

B2C企業のWEBサイトへの集客に関するWEBマーケティング事例

B2Cの「WEBサイトに集客→販売して新規顧客化」という飲食店・ECサイトのような流れの場合、WEBサイトの集客数×販売率 が一般的な目的となりますので、「WEBサイトの集客数の最大化」と「販売率(販売して新規顧客化)の最大化」に対しての施策が主なWEBマーケティングの内容となります。

WEBサイトの集客数=PV(ページビュー)と一般的に呼ばれてます。
販売して新規顧客化した率=CVR(コンバージョンレート)と一般的に呼ばれてます。

B2C企業のWEBサイトの集客数の最大化の方法

WEBマーケティングの内容は企業の置かれている状況によって変わりますが、WEBサイトの集客数の最大化に関してはSEO/コンテンツマーケティング/ソーシャルメディアなど、複数のwebマーケティング方法をテストし、なるべくコストのかからない方法(もしくは費用対効果の高い方法)を選別していきます。

B2C企業の訪問者からの販売率の最大化の方法

「販売率の最大化」の対策に関しては、販売商品と購入者のデータ分析・アクセス解析など、データ同士の関連性を調べて、訪問者からの販売して新規顧客化した率=CVR(コンバージョンレート)を最大化する方法を見つける施策が中心となります。

B2C企業のアフターフォローに関するWEBマーケティング事例

アフターフォローに関するWEBマーケティングは、B2Bと同じく「新規顧客→優良顧客→新規顧客の紹介」「新規顧客→優良顧客化(俗にロイヤルカスタマー)→新規顧客の紹介」というようなの流れになるように仕組みづくりを行います。

B2C企業のアフターフォローにおいては、メールマガジンやSNSなどを通してコミュニケーションをとる事が中心となります。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。