Rails:windows上でのvagrant仮想環境へのssh接続のメモ

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

Railsの開発をvagrant仮想環境(rails-dev-box)で行おうとして、vagrant ssh で仮想環境にアクセスできなかった際の対処方法のメモです。

vagrant ssh で仮想環境に接続できない

Google先生に聞いてみると、

vagrant ssh-config

で表示される内容を

vagrant ssh-config >> ~/.ssh/config

で、ファイルに出力すればSSH接続できるらしいのですが、私の環境では上手くいきませんでした。

Rloginを使ってSSH接続する

仕方がないので、普通にサーバーにアクセスするのと同じようにRloginを利用してSSH接続する事にしました。
web400_rlogin

上記の画像のように、サーバーアドレスはデフォルトなら 127.0.0.1 で、Socket Portに直接ポート番号を入力します。
ユーザー名・パスワード共にデフォルトなら vagrant です。SSH Identity Keyには、以下の場所にあるものを設定します。

プロジェクトフォルダ\.vagrant\machines\default\virtualbox\private_key

ちなみに、vagrantの仮想開発環境にssh接続している状態で、Rails4から rails server でなく以下のようなコードでないとWEBrickが起動しなくなったようです。

rails server -b 0.0.0.0

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links