javascript:2次元配列の値の追加、取り出し方

記事公開日:
最終更新日:

javascriptの2次元配列の値の追加、取り出し方についてのメモです。

Chromeブラウザをお使いの場合には「F12」を押して開かれるデベロッパー・ツールの「Console」タブでサクっとjavascriptのコードを試すことができます。

javascriptの2次元配列の値の追加方法

//元となる配列
data0 = [
	["Win98", "Windows98"],
	["WinXP", "WindowsXP"],
];
//場所指定で追加
data0[2] = ["Win2000", "Windows2000"];
//pushで配列の最後に追加
data0.push(["WinME", "WindowsME"]);
//出力結果
console.log(data0);
/***
data0 = [
	["Win98", "Windows98"],
	["WinXP", "WindowsXP"],
	["Win2000", "Windows2000"],
	["WinME", "WindowsME"],
]
***/

javascriptの2次元配列の値の取り出し方

javascriptでは基本的に、配列と連想配列は値の取り出し方が若干違います。
配列では、data0.Win98.Windows98 のような値の取り出し方はできません。

//元となる配列
data0 = [
	["Win98", "Windows98"],
	["WinXP", "WindowsXP"],
];
//出力結果
console.log(data0.length); //2
console.log(data0[0]); //[ 'Win98', 'Windows98' ]
console.log(data0[1][1]); //WindowsXP

javascriptの2次元配列の連想配列の値の追加、取り出し方

//配列
data0 = [
	["Win98", "Windows98"],
	["WinXP", "WindowsXP"],
];
//連想配列の追加
data0[2] ={"Win2000":"2000"}
//出力結果
console.log(data0[2]); //{"Win2000":"2000"}
console.log(data0[2]["Win2000"]); // "2000"

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報TwitterLinkedIn、またRSSfeedlyにてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。