ionic2:GenymotionのAndroidエミュレーターを設定する方法のメモ

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

windowsにおいて、ionic serve でブラウザでは問題なく表示されている状態で、GenymotionのAndroidエミュレーターを設定する方法をメモしています。

1.cordovaとandroidモジュールを追加

Windosの場合には、管理者権限で行います。

npm install -g cordova

androidプラットフォームモジュールを追加。

ionic platform add android

Error: Please install Android target: “android-xx”.みたいなエラーが出る場合

Error: Please install Android target: "android-23".
Hint: Open the SDK manager by running: "C:\Program Files\Android\android-sdk\tools\android.bat"
You will require:
1. "SDK Platform" for android-23
2. "Android SDK Platform-tools (latest)
3. "Android SDK Build-tools" (latest)

上記のようなエラーが出た場合、android.bat(android sdk manager)を起動して、Android SDK を追加/アップデートする。
Android SDK自体をインストールしていない場合には、インストールしてください。
android.bat(android sdk manager)は、デフォルトなら上記のエラー文のとおり C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\tools にあります。

ちなみに、android sdk managerで「アクセスが拒否されました」と出る場合には、android.batを管理者権限で実行してください。

2.Genymotionをインストール

Genymotionをダウントード/インストール(https://www.genymotion.com/)します。
VirtualBoxを既にインストールしている場合には、VirtualBoxなしのバージョンで大丈夫です。

Genymotionをインストール後、setting>ADB と移動し Use custom Android SDK tools を選択して、android SDK への pathを指定します。
pathはデフォルトなら C:\Program Files\Android\android-sdk です。

3.Genymotionのデバイスを使う

Genymotionのダッシュボートの Add からGenymotionのエミュレーターデバイスを追加し、Genymotinのデバイスを起動した状態で、ionic run android を実行します。

ionic run android

参考(ionic2のドキュメント):
http://ionicframework.com/docs/v2/getting-started/installation/

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links