統合Webマーケティングの特徴

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

This post is also available in: 英語

統合webマーケティングに関する記事は、長くなったので複数の記事に分けて公開していますので、参考にしてみてください。

記事の一覧まとめ:[もくじとマインドマップ]個人・中小企業向けに特化した統合webマーケティング

前回の記事:個人・中小企業向けに特化した統合webマーケティングとは

次の記事:マーケティング調査・分析-統合Webマーケティングを実行するステップ

顧客を「資産」として認識する

マーケティング費用はコストと考えられてきましたが、テクノロジーが発達したことによって、マーケティング費用に対するROI(投資収益率)が比較的簡単に計測できるようになりました。

顧客を資産として考えると、マーケティング費用に対するROI(投資収益率)が明らかとなります。

自社の事業セグメントが投資対象として、株式投資や不動産投資などのように事業セグメント単位で比較ができるようになります。

もちろん、株式投資や不動産投資とはことなり、自社事業は「事業内容について熟知している」「努力次第で改善の余地がある」などの大きなアドバンテージがあるので非常に有利なゲームです。

マーケティングメッセージの統合

経営資源を特定のエリアや顧客カテゴリ(ニッチ市場)に一点集中するとともに、マーケティングメッセージまたも一つに絞り込むことによって、マーケティングの効果が高めることができます。

マーケティングメッセージの不統一は、例えば「営業部門とサポート部門」「オンラインとオフライン」などの間で起こる可能性があります。
マーケティングメッセージの不統一は、そのままブランド価値の低下につながってしまいます。

顧客インサイトの調査・分析からマーケティング戦略のプランニング・実行までのプロセス沿って「ユニーク」「明確な」「一貫性のある」マーケティングメッセージを策定する事で、マーケティング戦略のROI(投資収益率)の最大化を図ることができます。

反復可能なマーケティングシステム

マーケティングは経験や感覚に基づいてプランニングされることが多くありました。
マーケティングデータの収集・分析に、非常に手間とコストがかかってしまうからです。特に、個人・中小企業において、その傾向は顕著です。

マーケティングをシステム化することによって、経験的・感覚的に行われてきたマーケティング手法か精錬され、ROI(投資収益率)ベースの実測値に基づいた反復可能なプロセスとなります。

また、従来のマーケティング手法ではテストマーケティングする際にも結構な経営資源が必要でした。

それに加え、個人・中小企業は競合他社と差別化を図り、ニッチ市場でマインドシェアを取るためには特定カテゴリに一点集中する必要があるので、事前の予測と違っていると大きなダメージを受ける可能性もありました。

しかし、webマーケティングを中心に活動することにより、テストマーケティングの経営資源を最小限にとどめ、また特定カテゴリに一点集中して事前予測と違っていた場合にも容易に修正が可能となります。

また、ソーシャルネットワークサービスなどの双方向のコミュニケーションの増加によって、お客さんとのコミュニケーションの接点(タッチポイント)が指数関数的に増加し、顧客インサイトの調査・分析からマーケティング戦略のプランニング・実行までのプロセスを効率的にスムーズに行うことが可能となります。

顧客インサイトを中心としてリアルタイムに変化する、マーケティングシステムを構築することが可能です。

web_統合Webマーケティングの特徴

web_統合Webマーケティングの特徴

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links