アイデアジェネレーター:アイデア発想法のツールアプリ

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

This post is also available in: 英語

もともと、[孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学 (PHP文庫)]という本のソフトバンクの孫正義さんのアイデアを考える方法に影響を受けて、単語カードを使ってアイデアを出していました。

この本の中で孫正義氏曰く、発明は「組み合わせる」「水平思考」「問題解決する」という3つのパターンがあり、下記のような方法でアイデア発想を行っていたそうです。

1.単語カードに思いついたキーワードを書いてストックしていく
2.ストックした単語カードからランダムに3つ選び出す
3.3つのキーワードから「組み合わせる」「水平思考」「問題解決する」という視点からアイデアを出す

そして本に影響を受けて机の上に単語カードを並べて行っていましたが、外出先とかの空き時間とかにもアイデアを考えたいなと思いAndroid端末向けにアイデア発想法のツールアプリを制作しました。

pr_idea_app_icon_120
アプリ名:アイデアジェネレーター
配信元:Amelt.net,LLC.
更新日:2014-10-11
価格:無料
[Google Playのページへ]


アプリの使い方

1.「キーワードの追加」から気になるキーワードを追加する

「キーワードの追加」で追加されたキーワードの一覧は、アプリ下部のタブバー「キーワードリスト」より確認できます。
また、「キーワードリスト」にて各要素をタップすることによりキーワードの編集ができます。

2.「アイデアの追加」より思いついたアイデアをメモします。

「アイデアの追加」をタップすると、「キーワードリスト」からランダムに選ばれたキーワードが3つ表示されます。
3つの表示されたキーワードより思いついたアイデアをメモしてください。

「アイデアの追加」で追加されたアイデアの一覧は、アプリ下部のタブバー「アイデアリスト」より確認できます。また、「アイデアリスト」の各要素をタップすることによりメモしたアイデアの編集ができます。

3.追加したデータのインポート/エクスポート

「キーワードリスト」:

データのインポート/エクスポートをCSV形式で行うことができます。
注意点として、データーのインポートを行うと既存のデータはすべて上書きされてしまいます。

なので、既存のデータに追加してキーワードのインポートを行いたい場合には、一度データをエクスポートして(バックアップは必ず取るようにしてください。)、追加したいデータを加えたうえでデータをインポートしてください。

インポート/エクスポートのcsv形式の例
Sample comments,
Any comments,
Some comments,

「アイデアリスト」:

データのエクスポートをCSV形式で行うことができます。インポート機能はつけていません。

エクスポートのcsv形式の例
Sample idea,
Any idea,
Some idea,

エクスポートしたデータの保存方法

キーワード/アイデアリストのエクスポートページにてエクスポートボタンをタップしたあと、テキストエリアをタップして選択することにより、上部にメニューが表示されます。

web_idea_app_backup

実装予定の機能について

[実装済み]キーワードリスト/アイデアリストの一括削除機能

実装までは、キーワードリスト/アイデアリストのエクスポートをしてバックアップした後、[アプリのアイコン長押し -> アプリ情報 -> データの消去]で行ってください。

キーワードリスト/アイデアリストのデータのインポート/エクスポートのページより、リストの一括削除ボタンを追加しました。


お気づきの点、ご意見・ご感想等ありましたらお問い合わせページよりご連絡お願い致します。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links