Keepy-子供の写真や動画を整理してクラウドに保存できるアプリ

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links
web_keepy

web_keepy

[公式ページ]http://www.keepy.me/

[Android]Keepy

[iTunes]Keepy

今のところ、英語版のみで日本語では提供されていません。英語版では、Kindleでも利用ができるようです。

僕は子供はいませんが、もし自分に子供がいたら絶対欲しくなるだろうなと思ったアプリです。
ビジネス的にも相当イケてるかと思います。

Keepyは画像・音声・動画などの形式で子供の記録をクラウドに保存できます。それに加えて、プライベートなSNSのようなコミュニケーション機能があります。

限られた人(親族)だけがデータにアクセスすることができ、コミュニケーションを取ることができます。
遠くに離れたおじいちゃんやおばあちゃんに、孫の成長を見せるとかいう用途には最強ですね。

また、データにはパソコンとスマホ、そしてメールでアクセスできます。
親族などがIT機器系を扱うのが苦手な場合には、メールでコミュニケーション取れるようにしているようです。


で、気になる費用などの事を箇条書きで(2014年2月現在)

KeepyとDropboxを同期してバックアップを取ることが可能。
– アプリのダウンロードと利用は基本的に無料です。
– 1ヶ月につき31個のデータ(Keepy)を上限として無料でアップロードでき、使用期限はない。
– 1ヶ月あたりの上限を超えるアップロードに関しては、追加購入して上限枠を購入するか、アカウントをアップグレードする必要がある。
– アップグレードするアカウントは2種類で、premium(1.99ドル/月)かultimate(2.99ドル/月)。

プラットフォーム系のアプリは、facebookとTwitter、またEvernoteとDropboxなどのように数社しか生き残れない市場なので、どのアプリを使っていくか見極めるのが難しいです。

どのアプリを使おうか悩んでいる場合には、まだ様子見ておいたほうがいいような気がします

日本語で良さそうなアプリが出るまでは、親族などとのプライベートなやり取りはDropboxやGoogle+の共有機能などがおすすめです。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links