日本語・英語圏でのインターネットユーザー数と、英語サイトでのPV(ページビュー)数

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

web_internet_population

web_internet_population



参考:インターネットにおける言語の使用 – Wikipedia


リンク先(Wikipedia)データ(上記の画像)によると、2010年の時点で日本のインターネットユーザー数が[9900万人]、そして英語のユーザー数が[5億3700万人]です。

単純計算で、英語圏のインターネットユーザー数は日本語圏のおおよそ5倍となります。

ただ、英語圏に対してwebマーケティングを行った場合、単純にアクセス数(PV数)は5倍とはなりません。
当たり前のことながら日本語圏よりも人口が多い分、webサイトも多く競争が激しいからです。どちらかというと、英語圏の方が競争が激しいと感じます。

英語圏に対してのwebマーケティング施策を、本サイト(www.amelt.net)にて実験を行いました。
日本語の記事を単純に英語化して、日本語の記事とのアクセス解析結果を比較するというものです。

その結果、英語圏のユーザーのPV数はおおよそ日本語のPV数の10%程となっています。SNS(ソーシャルネットワークサービス)からのアクセスは除外しているので、ほぼGoogleからの検索流入の数です。

追記:
2015年1月現在、日本語以外のアクセス数が総PV数の15%程になりました。
日本語と日本語以外の記事数はおおよそ 2:1 なので、もし同じ記事数ならば日本語以外のアクセス数が総PV数の30%程になるかと思われます。

英語圏にも応用できるようなコンテンツを保有している場合には、英語圏向けに提供することも考えても良いかもしれません。

また、日本語のユーザーに比べて英語のユーザーの方が[直帰率]が低く、[訪問別ページビュー]が高くなっています。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links