歯茎の黒ずみの原因とホワイトニング(ガムブリーチング)方法と料金

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

審美歯科さんにマーケティングのコンサルティングをしていた時に調べた資料のメモを記事として整形し公開しています。そのため、若干文章が堅めです。

歯茎の黒ずみの原因は?

歯の黒ずみの原因は大きく外部からの刺激と歯周病の2つに分けられます。

外部からの刺激で歯茎が黒くなってしまう原因は、タバコや飲食物のカフェイン・日焼け・口呼吸による乾燥などから歯茎を守るために、メラニン色素が歯茎に沈着する事によって起こるのだそうです。

肌に紫外線が当たると、紫外線から肌を守ろうとしてメラニン色素が沈着するのと同じ原理です。
また、被せ歯や差し歯の材料に含まれている金属などが溶け出して、歯茎が変色してしまうケースもあるようです。


自宅で歯茎のお手入れをするのなら、下記の製品がおすすめです。
アパデント トータルケア 120g

歯茎のホワイトニング(ガムブリーチング)の方法は?

歯茎のホワイトニング(ガムブリーチング)には一般的に薬品を使用する方法とレーザーを使用する方法があります。

薬剤を塗る方法が一般的ですが、レーザーにて治療を行なう方法は痛みもなく治療後の直りも早いので人気が出てきているそうです。

基本的には、歯の変色の原因によって適している治療方法で治療するそうです。

歯茎の黒ずみに薬品を塗る方法

歯茎に薬品(フェノール・アルコール)を塗り、肌のピーリングを行なうように黒ずんだ古い歯茎の部分を除去し、新しいピンク色の歯茎に再生させます。
治療後は歯茎が少しヒリヒリするようですが、数日から数週間で健康的なピンク色になるそうです。

歯茎の黒ずみにレーザーを照射する方法

歯茎の黒ずんだ部分に歯科用のレーザーを当てて治療を行ないます。
歯茎の変色が深い部分にまで達しているときに有効で、治療中の痛みもなく治療後の治りも薬品を塗る方法と比べて早いそうです。

歯茎のホワイトニング(ガムブリーチング)の料金

薬剤を塗る方法の料金の相場はだいたい、上下の片あごにつき3000円程度からです。

また、レーザーを照射する方法の料金の相場はだいたい、上下の片あごにつき1万円から3万円程度が一般的なようです。

歯茎のホワイトニング(ガムブリーチング)を自宅でしたい場合

歯茎の黒ずみが気になるけれども歯医者さんに行くまでもないと思う場合もあるかと思いますが、市販では信頼できる歯茎のホワイトニング(ガムブリーチング)の商品はありません

歯茎の黒ずみの原因は「外部からの刺激(タバコや飲食物のカフェイン・口呼吸による乾燥)」と「歯周病」の大きく2つに分けられると書いたように、歯周病が原因の可能性もあります。

なので、歯茎の黒ずみが気になる場合には、歯医者さんで見てもらうことをおすすめします。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links