自宅のホワイトニングで歯がしみる時の対策

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

審美歯科さんにマーケティングのコンサルティングをしていた時に調べた資料のメモを記事として整形し公開しています。そのため、若干文章が堅めです。

ホームホワイトニングで歯がしみる原因

ホームホワイトニングをしていると歯に違和感を感じたり、歯がしみたりする事があります。

歯を痛めてしまったりしたのかと心配になりますが、多くの場合はホワイトニングによる知覚過敏が原因のようです。

歯磨きや歯軋り・噛み合わせの悪さなどが原因で歯の表面(エナメル質)が磨り減って薄くなっていたりヒビが入っていたりすると、冷たいものや熱いものが歯にしみるのと同じ原理でホワイトニング剤の刺激によって歯がしみて痛みが生じます。

特に日本人の場合は欧米人に比べて歯の表面(エナメル質)が薄いので知覚過敏が起こりやすい傾向にあると言われています。

なので、海外製のホームホワイトニング剤を使用したりする場合には注意が必要です。

知覚過敏が原因の場合

知覚過敏が起こって歯がしみてしまうとき、ホームホワイトニングの場合2,3日ホワイトニングを中断したりホワイトニング剤の量を減らすなどすれば改善される場合があるそうです。

また、オフィスホワイトニングのあとや、ホームホワイトニングで歯がしみたりするときは知覚過敏用の歯磨き粉などを使う事でケアできます。

また、歯医者さんによっては知覚過敏が起こった時のために、フッ素入りのジェルなどをホワイトニング剤と一緒に用意してくれるます。

ただ、以上のような対策をしても歯がしみたり、症状がひとくなった時には治療を受けた歯科医院に相談する必要があります。


自宅で知覚過敏のお手入れをするのなら、下記の製品がおすすめです。
コンクール ジェルコートF(フッ素コート歯みがきジェル)

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links