市販の歯のマニキュア(ホワイトコート)のおすすめランキング

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

審美歯科さんにマーケティングのコンサルティングをしていた時に調べた資料のメモを記事として整形し公開しています。そのため、若干文章が堅めです。

市販の歯のマニキュア(ホワイトコート)のおすすめランキング

歯のマニキュア(ホワイトコート)とは

歯のマニキュア(ホワイトコート)は爪のマニキュアを塗るように、歯の表面にベースコートとトップコートを塗る事で歯を白く見せます。

「手軽にホワイトニングがしたい」「急な用事で歯をすぐに白くしたい」などといった場合に、爪のマニキュアを塗るような感覚で歯の気になる部分に薬剤を塗り、歯の変色や金歯や銀歯などを白く見せる事ができる治療方法です。

ちなみに、歯科医院での治療費はいくらくらいか?

歯のマニキュア(ホワイトコート)には、市販されているものを使う方法と歯科医院で行う方法があります。
歯科医院で治療する場合の料金は歯1本につき安くてだいたい3000円程度からで、治療内容などが歯科医院によって大きく異なります。
市販製品の歯のマニキュアよりも、歯科医院で治療する方が比較的効果が持続するそうです。また、歯科医院によっては塗りなおしや剥がす時の費用などが必要となる場合があります。

歯科医院での歯のマニキュアの治療の詳細

一般的にまず、カウンセリングなどで希望する治療部位や予算などを歯科医師と相談します。その後、歯のクリーニング(PMTC)を行い、歯のマニキュアを塗っていきます。

歯のマニキュアの治療は数時間で終わり、個人差がありますがおおよそ1~3ヶ月ほど効果が持続するようです。
また、歯のマニキュアを塗っている部分は歯磨きやデンタルフロスなどを使っても問題ないのだそうです。

歯のマニキュアの安全性

歯のマニキュア(ホワイトコート)の材料は、歯科医院で虫歯治療や歯が欠けたりした時などに詰め物として広く使用されているコンポジット・レジン(プラスチック樹脂)という材料なので、口の中に使用しても安全で、体内に入ってもそのまま体外に排出されるそうです。

歯のマニキュアがはがれてきたら?

歯のマニキュアがはがれてきた場合、歯科医院にて再度上塗りする事ができます。
また、歯のマニキュアを取りたい場合には自分ではがすと歯の表面を傷める原因になるので、歯科医院ではがしてもらったほうが良いそうです。

市販製品の歯のマニキュア(ホワイトコート)のおすすめランキング

ランキング作ろうと思いましたが、おすすめの製品は2つしかありませんでした。
あと、歯のマニキュアの市販製品の効果は長く続かないので、急な時やイベントごとに向いている商品です。

おすすめ1位

ハニックDC ルナ 5.5ml【HTRC3】

一番おすすめなのはハニックDCシリーズです。この製品以外に歯のマニキュアでおすすめな商品がありません。色違いの商品が数種類あります。

この商品シリーズ以外の歯のマニキュアは、基本的に海外製品になります。海外製品の歯マニキュアは評判悪いのであまりおすすめしません。

おすすめ2位

ハクサンシコー

この商品はかなりおすすめです。パウダー状の製品で、歯ブラシに付けてそのまま歯の気になる部分を磨きます。
歯のマニキュアよりは、効果はありました。歯のマニキュアが歯の表面の変色を隠すのに対して、ハクサンシコーは歯の変色を取り除いていく感じです。

なので、市販製品を使ってホワイトニングよりも手軽に歯を白くしたいという場合には、歯のマニキュアよりもハクサンシコーをおすすめします。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links