口臭の原因-予防とホワイトニング

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

審美歯科さんにマーケティングのコンサルティングをしていた時に調べた資料のメモを記事として整形し公開しています。そのため、若干文章が堅めです。

口臭の原因

口臭の原因は大きく次の3つに分けられます。

飲食物や嗜好品が原因によるもの

臭いの強い食べ物(にんにく・キムチ・納豆・ねぎなど)を食べたりすると口臭の原因となります。また、アルコールは飲んだ後だけでなく、体内に吸収された後にも臭う事があります。

口の中の状態が原因によるもの

歯と歯の間などに磨き残しがあると、細菌が集まって繁殖し歯垢(プラーク)ができて口臭の原因となります

また、舌苔(ぜったい)と呼ばれ、舌の表面の白いコケみたいな部分にも歯垢(プラーク)がたまり口臭の元となります。しかし、舌の表面は歯ブラシで磨いてしまうと、舌の表面の細胞が死滅し、逆に臭いの元となってしまいます。
なので、タンクリーナーなどで撫でるように汚れをよるのがベストです。

歯槽膿漏(しそうのうろう)・歯周病・虫歯などの病気は、歯や歯茎が化膿したり、腐っていたりして腐敗臭がするので注意が必要です。

口の中以外の状態が原因によるもの

ストレスがたまったり生活習慣が乱れたりすると、唾液の量が減ったり消化器官の機能が低下したりして口臭がひどくなります。唾液は、口の中を綺麗に保つために重要な働きをしているからです。

また、糖尿病・肝機能障害・胃潰瘍など体の代謝に関係のある臓器の病気は体臭や口臭が強くなります。加齢によって代謝系の臓器が弱ってきた場合も同じです。

口臭の予防とホワイトニング

歯科医院にてホワイトニングに使用する薬剤には漂白成分の過酸化水素(オキシドールと同じ成分)が入っていて、過酸化水素水は口の中の殺菌・消毒に使われている物で細菌(バクテリア)の殺菌や歯槽膿漏・歯周病・虫歯などの予防にも効果があります。

ただ、市販のホワイトニング剤には法律で過酸化水素を入れる事は禁じられていますので、口臭の予防の効果はないそうです。

また、ホワイトニング後に白い歯を保ち続けるため、定期的にクリーニング(PMTC)や再ホワイトニングをする事によって、口臭の予防にもつながります。


口の中のお手入れをするのなら、下記の製品がおすすめです。
コンクールF

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links