歯医者の医療費控除申請の方法と内容まとめ

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

審美歯科さんにマーケティングのコンサルティングをしていた時に調べた資料のメモを記事として整形し公開しています。そのため、若干文章が堅めです。

また、下記の内容については変更される場合がありますので、詳しくは治療している歯科医院にお問い合わせください

ホワイトニングの医療費控除の申請方法

歯科医院にて支払った治療費(自費治療も含みます)のうち10万円を超えた分は医療費控除といって、一定の金額が所得から控除される場合があります。


医療費控除の対象になる治療費の内容

歯の治療材料として、金やポーセレン(セラミック)は医療費控除の対象として認められるそうです。

また、発育段階にある子供の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象として認められるようですが、容貌を美化するための費用は医療費控除の対象とはならない場合があるようです。

詳しくは、歯科医師に相談してみましょう。

治療のための通院費は医療費控除の対象になるのか

治療のための通院費も医療費控除の対象になります。

小さいお子さんの付き添いなどでの交通費も通院費に含まれますが、通院した日や金額をノートなどに記帳して確認できるようにしておく必要があります。

ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象にならないようです。

いつの治療費が所得から控除されるのか

歯科医院で治療を受けた、その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であることが条件で、治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が各年分の医療費控除の対象となるそうです。

数年前の治療費は医療費控除の対象になるのか

医療費控除の申請は5年間までさかのぼって申請することができるようです。
また、申請は確定申告の期間以外でも1年中受け付けているそうです。

治療費をデンタルローンやクレジットカードなどで支払った場合

デンタルローンを利用した時の医療費の控除は

歯科ローン契約が成立した時の年の医療費が控除の対象になります。

歯科ローンを利用した時、患者さんの手もとに歯科医院の領収書がない場合がありますが、医療費控除を受けるときの添付書類として歯科ローンの契約書の写しや信販会社の領収書を用意すればよいそうです。

クレジットカードで支払った場合の医療費の控除は

クレジットカードを利用して治療費を支払った時の年の医療費が控除の対象となります。

クレジットカードを利用した時、患者さんの手もとに歯科医の領収書がない場合がありますが、クレジットカードの契約書や信販会社の領収書などにより治療費の支払先や治療費の額を証明すればよいそうです。
ただし、金利及び手数料相当分は医療費控除の対象にならないそうです。

生計を一緒にしている場合はどうなるのか

生計が一緒の夫婦や子供、その他親族などのために医療費を支払った場合にも医療費の控除が認められるそうです。また、親が扶養家族の対象(年収38万円以下)であれば、仕送りなども生計をひとつにしていると認められるそうです。

どれくらいの金額が所得から控除されるのか

医療費控除の対象となる金額は上限は200万円となり、以下の式で計算されます。(※将来的に変更される恐れがありますので注意ください)

医療費控除額=(その年中に実際に支払った医療費の合計額)-(Aの金額)-(Bの金額)

Aの金額・・・保険金などで補てんされる金額

Bの金額・・・10万円か、もしくはその年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

[Aの金額]について。
生命保険契約などで支給される入院費給付金や、健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金などが対象となります。

ただし、保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引くので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引けないようです。

医療費控除の手続きは具体的にどうするのか

医療費控除の申請(還付申告書)に必要なもの

医療費控除の申請には以下の3点(給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票も添付)が必要です。

1.確定申告書
2.医療機関、薬局等の領収書
3.医療費支払明細書(源泉徴収票の原本)

給与所得がある方の場合、医療費控除は年末調整だけでは申請した事にはならないので、別に還付申告する必要があります。還付申告は、確定申告の期間中でなくても受け付けてくれるそうです。

その他、医療費控除の豆知識

病院などの診療費以外でも、治療のための鍼灸・マッサージの費用、薬局で買った治療に必要な機器や薬の代金も医療費控除の対象として認められる場合があるそうです。

また、医療費控除は前の年の所得から控除されますので、前年度の年収分の住民税が減るというメリットもあります。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links