[2017年]飲食店がスマホで導入できるカード決済サービス厳選5社!

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

2017年6月現在、ご要望がありましたので内容の更新・追記いたしました。
※PayPal Hereは2016年1月にサービス終了しています。

飲食店がスマホ(+専用端末)だけで手軽にクレジットカード決済を導入することができるサービスを比較してみました。
飲食店は一般向けのお客さん商売ですので、以下に紹介するサービスは「一般に良く知られている会社が運営している」「実績がある」などの会社を厳選しています。

主に、Square、楽天スマートペイ、Coiney、Airペイ、フレッツ・スマートペイの比較です。
Squareなどのスマホのイヤホンのジャックに挿して利用する形態は、カッコイイですがお客さんからすると「セキュリティ大丈夫なの?」と思われてしまうこともありますので、それが心配な方は専用端末があるサービスを選ぶのが良いのかなと思います。

で、時間がなかったり長文読むのがダルいとかいう方向けに、個人的なおすすめを先に言ってしまうと、以下のような感じでおすすめします。

・個人で手軽に使うならSquare(スクエア)
・ビジネス・法人で使うのなら楽天スマートペイ(クレジットカード会社対応が多い、専用端末があるのが理由)
・ビジネス・法人で中国系のお客さんが多かったり、非対面系が多いのならCoiney

ちなみに、各サービスにおいて紙のレシートを出力するには別途プリンターが必要ですので注意してください。あと、お手持のスマホの端末が対応しているかもチェックしてくださいね。

Square(スクエア)の特徴

・三井住友カードと連携
・Twitterの創業者であるジャック・ドーシーが設立
・「Apple Store」「Lawson」でSquare端末が購入可能
・アメリカなどではシェア多し
・Squareレジと連携できる

個人での決済のやり取りするのなら、導入の手軽さやシェアの強さを考えるとSquare(スクエア)が断然おすすめです。
シェアが大きいサービスは、連携や質の向上がされやすいのがネット系サービスの特徴です。

楽天スマートペイの特徴

・楽天が運営しているの一般の方には安心感がある
・クレジットカードの対応種類が多い(JCB/アメックス/DINERS/DISCOVERに対応)

楽天が運営していて一般の方の認知度が高い点とクレジットカード対応会社が多い点から、特に小売店や飲食店などのビジネスで使うのに向いています。

Coineyの特徴

・セゾンカードと連携
・国産のベンチャー企業
・WeChat Payに対応

WeChat Payに対応しているのが強みでしょうか。日本ではメッセンジャーといえばLINEですが、中国ではWeChatらしいですので、中国系の観光客が多いお店は要チェックです。

Airペイの特徴

・リクルート系列のリクルートライフスタイルが運営しているので安心感はある
・Airレジと連携が可能
Androidは利用不可/b>

Android端末に対応していない点が微妙ですが、リクルート系列が運営していることもあり、Airレジとかと統合して使うと便利かもしれません。

フレッツ・スマートペイ

・NTT西日本が運営しているので、安心感は抜群です
・フレッツ光を利用していることが前提条件で、究極の囲い込み作戦です
・据置タイプだとスマホ決済よりも充実したサービス内容

サービス内容としては総合的に便利なのですが、どうも人気がないです。
据置タイプは手軽に導入できる割にけっこう本格的ですので、個人店よりも複数店舗あるくらいの規模が向いているような感じです。

Square、楽天スマートペイ、Coiney、Airペイ、フレッツ・スマートペイの比較表(2017年6月現在)

 Square楽天スマートペイCoineyAirペイフレッツ・スマートペイ
(フレッツ光を利用していることが前提)
運営会社SQUARE, INC楽天株式会社コイニー株式会社リクルートライフスタイルNTT西日本
初期費用無料無料無料無料5000円(実質カードリーダー本体価格)
月額費用無料無料無料無料無料
専用端末費用※キャンペーンで指定条件を満たせば無料※キャンペーンで指定条件を満たせば無料※キャンペーンで指定条件を満たせば無料実質無料初期費用に含む
決済手数料3.25%~3.24%3.24%~3.24%~3.24%~
対応カードVisa
Master
AMEX
Visa
Master
JCB
AMEX
DINERS
DISCOVER
Visa
Master
JCB(セゾン発行のもの)
AMEX(セゾン発行のもの)
Visa
MasterCard
VISA
MasterCard
JCB
アメックスDiners
Dicover
支払いまでの期間三井住友・みずほ銀行:最短翌日
上記以外の銀行口座:毎週水曜日締め金曜日
楽天銀行:最短翌日
楽天銀行以外:入金依頼後の翌営業日
月6回みずほ・UFJ・三井住友は月6回、他は月3回月2回
入金の手数料無料楽天銀行なら無料
楽天銀行以外は210円
10万円以下は200円
10万円以上だと無料
無料180円
対応端末iPhone
iPad
Android
iPhone
iPad
Android
iPhone
iPad
Android
iPhone
iPad
iPhone
iPad
Android
電子マネー対応対応なし2017年夏ごろに主要電子マネーに対応らしい。非対応対応別プランの据置タイプにて対応
電子レシート対応電話番号(SMS)かメールアドレスを入力して送信メールアドレスを入力して送信メールアドレスを入力して送信メールアドレスを入力して送信メールアドレスを入力して送信、もしくはQRコード
紙のレシート対応各端末に対応したプリンターが必要専用のプリンタが必要各端末に対応したプリンターが必要専用のプリンタが必要各端末に対応したプリンターが必要
公式HP個人事業主でもOK!事業の業種、形態、規模、または法人・個人にかかわらず、カード決済が導入できます!

http://smartpay.rakuten.co.jp/http://coiney.com/https://airregi.jp/payment/https://www.ntt-west.co.jp/smart-pay/

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links