wordpress(ワードプレス)の始め方

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

お客さんのところで説明する機会があったので、ブログや企業サイトなどの構築するのに便利なwordpress(ワードプレス)について、独自ドメインの取得/設定からサーバーの設定、wordpress(ワードプレス)のインストール方法、インストール後の設定までを書いています。

独自ドメインの取得

ドメインを取得するのに安くて有名なのはお名前ドットコムなので、好きなドメイン名(長く使用するものになるかもしれないので、長期的な視点で)を取得してください。ドメインの取得に関しては、お名前ドットコムでかなり分かりやすく取得できますので説明は省きます。
ドメイン取得なら99円からの【お名前.com】

wordpress用レンタルサーバーを借りる

最近はwordpressがボタン一つで簡単にインストールができるwordpress用のレンタルサーバーなどが提供されています。

wordpress用のレンタルサーバーを利用しない場合には、
まずPHPとMySQLが使えるレンタルサーバーを借りて…
wordpressを公式サイトからダウンロードして…
FTPソフトでレンタルサーバーの公開用フォルダにアップロードして…その後wordpressをインストールするという手順になります。

wordpress用のレンタルサーバーの特徴の比較に関しては過去の記事「レンタルサーバーの比較-バリューサーバー/coreserver/さくら/エックス/シックスコア」を参考にしてみてください。

本記事では、レンタルサーバーがcoreserverの場合を例にして説明していきます。
CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(15日間)

サーバーの設定

レンタルサーバーがcoreserverの場合の設定

ネームサーバーの設定

まずネームサーバーの設定というものを行います。あまり詳しくないうちは知らなくても大丈夫な内容なので、手順どおり試してみてください。

下記のように移動してください。
お名前ドットコムにログイン>ドメイン設定>ネームサーバーの変更

web_onamae-nameserver

画像にあるように、他のネームサーバーを利用をクリックして、プライマリー/セカンダリーネームサーバーとその次の行に以下のように入力した後、確認画面へ進む>設定する と移動してください。

NS1.VALUE-DOMAIN.COM
NS2.VALUE-DOMAIN.COM
NS3.VALUE-DOMAIN.COM

無料ネームサーバー作成

次に無料ネームサーバー作成します。この手順もあまり知らなくても大丈夫です。
web_coreserver-nameserver

下記のように移動してください。
バリュードメインにログイン>コントロールパネル>無料ネームサーバー>他者登録しているドメインを登録

取得したドメイン名(例えば amelt.net のように)を入力して、登録をクリックしてください。

ドメインのDNS情報の設定

次に無料ネームサーバー作成します。ドメインのDNS情報あたりはwordpressを運用する際にちょっとだけ知っておくと役に立ちます。

下記のように移動してください。
バリュードメインにログイン>コントロールパネル>ドメインのDNS情報の設定

web_coreserver-servername

画像のように、契約したcoreserverのサーバー名を選択して、保存するをクリックしてください。

ドメイン名の設定

取得した独自ドメインやサブドメインをサーバーで運用するための設定を行います。
取得したドメイン名が amelt.net と仮定します。

下記のように移動してください。
バリュードメインにログイン>コントロールパネル>CORESERVER>サーバー設定(契約したサーバー名のした部分)>入室する>ドメインウェブ

移動すると下記の画像のような画面になります。

web_coreserver-domainset

Main に blank と入力して、Sub1以下を例えば画像のように入力します。
Sub1のwww.amelt.netは、wwwありでアクセスの場合https://amelt.netに転送するという設定です。俗に言うwwwありなしの統一です。
Sub2はamelt.netのドメイン名を登録しています。
Sub3、Sub4は任意のサブドメインを登録しています。

入力後、ドメイン設定をクリックして登録します。

WordPressのインストール方法

WordPressのインストール

下記のように移動してください。
バリュードメインにログイン>コントロールパネル>CORESERVER>サーバー設定(契約したサーバー名のした部分)>入室する>CGIインストール

web_coreserver-wordpress-set

画像のように、前の手順にてドメイン名の設定で指定したドメインのうち、WordPressをインストールしたいドメイン名を指定します。

データベースの設定

wordpressで利用するデータベース(記事や設定のデータを保存する部分)の設定を行います。

下記のように移動してください。
バリュードメインにログイン>コントロールパネル>CORESERVER>サーバー設定(契約したサーバー名のした部分)>入室する>データベース(MYSQL)

web_coreserver-mysql

画像のように作成したい欄にラジオボタンのチェックを入れ、データベース名とパスワードを任意に指定して、文字コードを必ず「UNICODE」を指定し作成をクリックしてください。

WordPressのconfigの設定

下記のように移動してください。
バリュードメインにログイン>コントロールパネル>CORESERVER>サーバー設定(契約したサーバー名のした部分)>ファイルマネージャー>ファイルマネージャーにログイン>public_html以下のWordpressをインストールしたフォルダ内に移動

web_coreserver-wordpress-config

移動すると、画像のような画面になるかと思います。

次に、wp-config-sample.phpをコピーしてwp-config.phpに変更し、例えば以下のようにwp-config.phpを編集します。
CORESERVERの場合「WordPress のためのデータベース名」と「MySQL データベースのユーザー名」は同じです。「MySQL データベースのパスワード」は上記のデータベースの設定で指定した際のパスワードを入力します。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'amelt2_test');
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'amelt2_test');
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '123456789');

認証用ユニークキーの設定

下記のURLにアクセスして、生成されたコードを画像のように、defineが8個並んだ部分とそのまま入れ替えます。
https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

web_coreserver-salt

WordPressのインストール

下記のように移動してください。
バリュードメインにログイン>コントロールパネル>CORESERVER>サーバー設定(契約したサーバー名のした部分)>ファイルマネージャー>ファイルマネージャーにログイン>public_html以下のWordpressをインストールしたフォルダ内に移動>wp-adminフォルダ>install.phpを開く

もしくは下記のURL(例えば、amelt.net というドメインにwordpressを設置した場合、wp-adminフォルダ以下のinstall.php)にアクセスしてください。

https://amelt.net/wp-admin/install.php

wordpressのインストール画面に必要情報を入力して、wordpressをインストールのボタンをクリックしてください。
よく忘れがちになるので、ログインIDとパスワードは紙に控えておく事をおすすめします。

WordPressのインストール後の設定

サイトタイトルなどの設定

一般設定>キャッチフレーズとサイトアドレス (URL)

サイトタイトルとディスクリプションなどの設定を行います。
後に自由に変更できるので、悩んでいるようなら仮の内容でも大丈夫です。

パーマリンク設定

wordpressのURLを表示するための設定なんですが、「投稿名」での設定が一般的です。

セキュリティ設定

wordpressでサイトを公開するにあたって、最低限必要な.htaccessなどのセキュリティ設定を行います。
詳しくは過去の記事「[簡易版]wordpressセキュリティ強化のための.htaccess設定例」を参考にしてみてください。

テーマファイルの設定

wordpressのサイトデザインの基本的なテンプレートのことをテーマファイルと呼びます。
wordpressの公式サイト(https://ja.wordpress.org/themes/)にて無料のテーマファイルが配布されているので、サイトのコンセプトにあったものを選びます。

プラグインのインストール

wordpressはプラグインというシステムで、ある程度自由にwordpressをカスタマイズして使えるようにしています。
サイト運営に必要な基本的なプラグインは過去の記事「【2015年版】wordpressで導入しているおすすめプラグイン」にて紹介していますので、参考にしてみてください。

また、必要な時に公式サイトからプラグインを選んで追加することも可能です。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links