【2015年版】wordpressで導入しているおすすめプラグイン

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

This post is also available in: 英語

2015年になって、2014年度版のプラグインから 追加インストールしたプラグイン/アンインストールしたプラグインがあるのでまとめてみました。

2015年の最初の時点で使っていたプラグインのまとめは以下を参考にしてみてください。

【2015年版 SEOプラグイン編】wordpressで導入しているプラグイン一覧
【2015年版 高速化プラグイン編】wordpressで導入しているプラグイン一覧
【2015年版 カスタマイズプラグイン編】wordpressで導入しているプラグイン一覧

追加インストールしたプラグイン

WP Lightbox 2

画像をカッコよく見せる(ライトボックス)ためのプラグインです。
もともと、「Simple Lightbox」というプラグインを使っていましたが、wordpressの鉄板プラグインである「jetpack」の「photon」との組み合わせで不具合が生じたため、このプラグインに変更しました。

詳しくは過去の記事の
wordpress:JetpackのPhotonの導入でLightboxが動作しない時に対処した方法
wordpress:Lightboxのおすすめプラグイン[WP Lightbox 2]
を参考にしてみてください。

TablePress

テーブル表(HTMLタグでいう、tr,tdなど)を簡単に作ることができるプラグインです。
テーブルのHTMLタグ打つのは結構手間がかかりますので、大変便利です。
過去の記事「レンタルサーバーの比較-coreserver/さくら/エックス/シックスコアサーバー」とかで使っていますので、参考にしてみてください。

Q2W3 Fixed Widget

(PCで見た場合)サイドバーがついてくるようにできるプラグインです。
詳しくは過去の記事「wordpressでサイドバーがスクロールでついてくるプラグイン:Q2W3 Fixed Widget」を参考にしてみてください。

Content Views

wordpressの公式サイトでの正式名称は「Query posts by category…Content Views」という長い名前のプラグイン。
レスポンシブでグリッドレイアウトなどに対応しています。本サイトのトップページのおすすめの記事の部分で利用しています。

WP Minify Fix

html/javascript/CSSのソースコードを圧縮して軽量化してくれるプラグイン。
wordpressの公式サイトで「WP Minify」を見ると2年以上更新されていないと表示されます。
最近のバージョンのwordpressでも問題なく動いていましたが、バグがそれなりに出てきているらしいので「WP Minify Fix」に変更しました。

アンインストールしたプラグイン

AdSense Manager

なるべくプラグインを少なくしてwordpressを軽量化したかったので、テーマファイルに直接phpのコードを書くようにしました。
広告のテストを頻繁にするような場合には便利だと思います。

Simple Lightbox

本記事の 追加インストールしたプラグイン に書いたように、不具合が出たので「WP Lightbox 2」と入れ替えました。

DB Cache Reloaded Fix

有名なプラグインである「W3 TOTAL CACHE」のデータベースキャッシュ機能に統一しました。

Slideshow

スライドショーを作るためのプラグインです。このサイトではトップページで使っていました。
レスポンシブ対応なのは良いのですが、スマートフォンの表示の際にかなり重かったので代わりに「Content Views」を利用しています。
CSSで見た目を作るのが面倒な時に便利です。

WP Minify

2年以上更新されていないプラグインですので、修正したバージョンの「WP Minify Fix」に変更しました。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links