【2015年版 wordpressSEOプラグイン編】導入しているプラグイン一覧

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

This post is also available in: 英語

本サイト導入しているwordpressのプラグインを整理整頓しながらまとめてみました。

年に一度の大掃除ってやつです。

書き終わった後に見返すと、余計なことを書きすぎて長い記事になってしまったので、目的カテゴリ別に3記事に分割しました。

追記:
2015年になって再度大掃除して新たにインストール/アンインストールしたプラグインを紹介していますので参考にしてみてください。
【2015年版】wordpressで導入しているおすすめプラグイン

ぞれぞれ、以下のように分かれています。

【2015年版 SEOプラグイン編】(本記事)

【2015年版 高速化プラグイン編】(公開済み)

【2015年版 カスタマイズプラグイン編】(公開済み)

今回は、【2015年版 SEOプラグイン編】wordpressで導入しているプラグイン一覧です。

【2015年版 SEOプラグイン編】wordpressで導入しているプラグイン一覧

All in One SEO Pack

王道のwordpressSEOツール。タイトルの置換や、SEOにとって重要な「Canonical URL(URL正規化タグ)」の設定、その他にもSEOに必要な設定を行ってくれます。

All in One SEO Pack>Noindex Setting という欄があるのですが、なんでもかんでもGoogleさんの検索結果に表示されるようにしていると、「内容の薄いページ」「同じコンテンツが重複」とかいう理由でパンダアップデートの被害にあったりしますので、インデックスさせたくないページにはチェックを入れておくほうがいいかもしれません。


noindexの設定

noindexの設定

WordPress Ping Optimizer

元々「cbnet Ping Optimizer」というプラグインを使っていましたが「wordpressバージョン3.5.2」までにしか対応していませんので、乗り換えました。

ping送信を管理してくれるプラグインです。
ping送信後、正常に送信できたか?またエラーの場合はなぜエラーなのかのログも残してくれます。

Google XML Sitemaps

GoogleさんにXMLサイトマップを送信するために使っています。
このプラグインも王道系です。

Table of Contents Plus

記事の目次を自動で追加してくれるプラグインです。
本記事の目次も「Table of Contents Plus」で自動生成されています。

H1~H6タグによって階層分けされているのに対応して、目次の階層を自動生成します。

Ultimate Google Analytics(Google Analyticator に変更)

追記:
Ultimate Google Analyticsから、最新のwordpressに対応しているプラグイン「Google Analyticator」に変更しました。

導入メモなどを別記事「Ultimate Google Analyticsから最新のwordpressに対応したGoogle Analyticatorに変更したメモ。」で公開していますので、参考にしてみてください。

定番中の定番。
アクセス解析ツール(GoogleAnalytics)で計測するためのコードを簡単に挿入してくれるプラグイン。

Yet Another Related Posts Plugin

関連記事を表示してくれるプラグインです。
本ページの下の「おすすめの関連記事」の部分のコードが、このプラグインによって生成されています。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links