ドライマウスの原因と症状・治療法

Published on:
Last updated:

This post is also available in: Japanese

審美歯科さんにマーケティングのコンサルティングをしていた時に調べた資料のメモを記事として整形し公開しています。そのため、若干文章が堅めです。

ドライマウスとは、口の中が乾燥してさまざまな症状を引き起こす病気のことです。日本にはおおよそ800万人いるといわれ、特に50代以降の女性に多い症状です。

ドライマウスとは

ドライマウスとは、ストレス・不規則な生活習慣・薬の副作用などが原因で唾液の分泌量が低下する症状のことです。

ドライマウスにより乾燥した口の中がネバネバしたり、舌や唇がヒリヒリ痛んだりします。

また、唾液は口の中の細菌を洗い流す役目も果たしているので、ドライマウスにより虫歯の原因となります。

ドライマウスの症状がひどくなると、口臭が強くなったり、舌が乾燥によってひび割れたり痛みがひどくなったりしてしまうケースもあるそうです。

ドライマウスはストレスなどの他、加齢による唾液の分泌量低下や口で呼吸する癖、シェーグレン症候群といいドライアイなどの原因にもなる病気などによっても引き起こされるそうです。

ドライマウスの治療法

ドライマウスはさまざまな原因が考えられるため、歯科医院などでドライマウスの原因を調べた上で治療を行ないます。

ただ、シェーグレン症候群などではない限りストレスや加齢・生活習慣が原因の場合が多いので、ストレスを取り除いたり生活習慣を改善する治療が行なわれるのだそうです。

治療中は、保湿力の高い洗口液やジェル、唾液の分泌を促す薬を飲んだり、シュガーレスガムを噛んだりうがいなどを行なって口の中が乾かないようにしながら症状の改善を待ちます。


自宅でドライマウスのお手入れをするのなら、下記の製品がおすすめです。
バイオティーン オーラルバランスジェル 42g

No tags for this post.

About
Kuniyoshi Takemoto is the founder of Amelt.net LLC, and editor of this blog(www.amelt.net).Learn more and follow me on LinkedIn.