Android:英語のリスニング学習のためのおすすめ無料アプリ

記事公開日:
最終更新日:

Sponsored Links

This post is also available in: 英語

楽に英語のリスニングを勉強しようと思ったら、生活環境全てをとりあえず英語環境にしてしまうのが早いと思います。勉強のための時間を作るのも大変ですし、やっぱり勉強だと思うと面白くないですよね。
本記事では、英語のリスニング学習のためのおすすめな無料Androidアプリを紹介しています。

英語のリスニング学習をする前に…

ある程度の英文法や英単語の勉強をすれば、海外のニュース(BBCとか)は少しは聞き取れるようになっていると思います。
もし、リスニングに問題がある場合、以下の3つのうちの何が原因で聞き取れないのかチェックしながら勉強するのがおすすめです。

1. 知っている単語なのに聞き取れない
→知っている単語の音が頭の中で繋がっていないか、単にリスニング量の不足。

2. 知らない単語なので聞き取れない
→知らない単語はもちろん聞き取れないので単語数の不足。

3. 頭の中で文章の意味がわからない
→基本文法が分かっていないから文章の意味が理解できないか、それとも英語を「英語」(日本語に訳す必要はない)として聞いていないのかもしれません。一度日本語のラジオなどでディクテーションしてみると、どんな感じでリスニングしたらいいか感じが掴めるかもしれません。

基本文法がある程度理解できていているのなら、英語音声・英語字幕でリスニング量を増やす方法が良いと思います。数ヶ月くらい毎日続けていたら、無意識的にリスニングできていくのが感じられると思います。
もちろん、知らない単語は必ず調べるようにすると良いです。

英語のリスニング学習のためのおすすめ無料アプリ

Radio English

web_radioenglish_newest

[Google Play]Radio English

英語のラジオ放送がスクリプト付きで聞くことができます。
メニューの「Newest」タブでは最新のニュースとスクリプトも提供されています。
英語の聞き流しをする時に、まだ分からない単語が多い時におすすめです。

6 minute English Listening

[Google Play]6 minute English Listening

イギリスの放送局であるBBCが提供している、BBC Learning English の一部をアプリ化したものです。
アプリからダウンロードすればオフラインでもリスニングできるのがメリットです。

ラジオFM

[Google Play]ラジオFM

世界中(日本も含めて)の放送局のラジオが聞けるアプリです。
タイマー機能とかもついているので、寝る前の記憶が定着しやすい時に聞き流したりするのに便利です。
おすすめの放送局は以下のとおりです。

UK(イギリス)

BBC World Service English :ニュース
BBC Radio 4 :ニュース・トーク
BBC Radio 4 Extra :ニュース・トーク・ドラマ

USA(アメリカ)

BCN :コメディ
20th Century Radio :昔のラジオ番組

Japan

NHK :日本のNHKの英語版ニュース

TED

[Google Play]TED

英語勉強するなら鉄板ですよね。
話の内容も面白く勉強になりますので一石二鳥です。

Youtube

まぁ、youtubeも鉄板ですよね。Androidには最初からインストールされていると思います。

おすすめの動画リスト(Youtubeの自動翻訳機能とは別にちゃんと英語字幕を用意しているもの)を別の記事にて紹介しているので参考にしてみてください。
youtubeで英語のリスニングをするのにおすすめのチャンネルリスト

番外編:ジャンル別の英語リスニングの難易度

飽き性なので色々試してみましたが、英語のリスニングを訓練する際、教材の難易度は個人的には以下の順番だと思います。スタンドアップコメディは…ビジネス英語よりも難易度が高いと思います。
笑いどころが分からないのとくやしいので、勉強するモチベーションにはなりますが。

TOEIC教材>TOEFL教材>一般ニュース>トーク>映画・ドラマ>討論(抽象的な)>スタンドアップコメディ


最後に、無料アプリではないですがHuluはおすすめです。
色々な海外ドラマや映画を英語字幕・英語音声で楽しめます。日本の映画やドラマの代わりに見るだけで勉強した気になれますし…分からない単語をその都度調べていくだけで結構な単語数になります。

About
Amelt.net,LLCの創業者で、費用対効果の高い統合webマーケティングによりビジネスパートナーとして継続的にサポート。詳しいより。ブログの更新情報facebookページGoogle+そしてTwitter、またRSSfeedlyLINE@にてお知らせしていますのでフォローよろしくお願い致します。


Sponsored Links